鈴木家の腰痛マットレス-体験して比較しておすすめを決定

当サイト:鈴木家の腰痛マットレスについて

当サイト、鈴木家の腰痛マットレスは腰痛に10年間悩んでいる管理人が市販店や通販で販売されている腰痛マットレスを購入したり実際に店舗に足を運んで体験した様子を公開しているサイトです。

腰痛とマットレスの関係は意外と深く関係していますし、マットレス1枚で寝返りの回数や寝ている姿勢が大きく変わります。腰痛歴10年の私がマットレス1枚で寝起きの腰痛が和らいだ経験を元に、本気でおすすめしたいマットレスをご紹介しています!
(寝返りをスムーズに行えて寝ている姿勢が立っている時と同じ状態になるマットレスが腰痛予防に良いとされています。)

マットレス目的別おすすめ


腰痛マットレスおすすめを比較【ランキングあり】

寝起きの辛い腰痛や背中の痛み、肩こりや足の痺れなどはマットレスに原因がある場合もあります。もちろん病気の症状はマットレスで改善することはできませんが、自分の体に合っているとマットレスを使うことで寝返りをサポートし血行を促進することで寝起きの体の痛さを改善できる可能性があります。

このページでは腰痛や背中の痛みに悩む人におすすめできる腰痛専門マットレスを比較してご紹介しています。

詳しく見てみる


コスパ最強!5万円以下のおすすめマットレス

できるだけ安く、そして耐久性の高いコスパの良いマットレスが欲しい!そんな方におすすめできるマットレスをランキング形式でご紹介しています。

5万円以下のマットレスでも品質の高いものを選ぶことで8年~10年程度愛用できるマットレスを手に入れることができます!

詳しく見てみる

腰痛マットレス体験談

腰痛に悩む私が今までに体験してきたマットレスをご紹介しています。気になるマットレスがある方はぜひご参考にしてください!また、あのマットレス気になるんだけど店舗で体験するの気まづいんだよね〜ってのがある方はお問い合わせからご連絡いただければ代わりに体験して記事を公開します!

モットン

モットンのマットレスを腰痛対策に使ってみた【辛口体験談&評判調査】 腰痛予防にイチオシできるマットレス「モットン」の体験談です。当サイト管理人の鈴木もこのマットレスを今現在3年ほど愛用しております!3種類から硬さを選ぶことができます。

詳しく見てみる

雲のやすらぎプレミアム

【雲のやすらぎプレミアム】を腰痛の私が体験!評判&口コミを調査 女性におすすめな腰痛マットレスです。介護職で腰を痛めがちな妻が、これは最高な寝心地だし寝起きが楽になった〜と感動してくれたマットレス。柔らか目な作りなので男性よりも女性におすすめしたい1枚です。

詳しく見てみる

東京西川エアーマットレス

東京西川のエアーマットレスは腰痛に良い?口コミと評判 言わずと知れた人気メーカーのマットレス。大谷翔平さんはじめ有名スポーツ選手が多く利用し体を点で支える独自のスタイルを採用したマットレスです。寝心地もよく寝返りもスムーズですが価格がちょい高いです。

詳しく見てみる

ニトリのマットレス

ニトリで腰痛マットレスを買うならNスリープがおすすめ!体験してみた みんなが大好きニトリのマットレスを体験してみました。ニトリは豊富な種類の品揃えがあるのでピッタリな1枚が見つかるはず。ニトリでマットレスを購入するならNスリープシリーズがおすすめです。

詳しく見てみる

エアウィーヴ

エアウィーヴのマットレスパッドは腰痛対策におすすめ?評判と口コミ 浅田真央さんが宣伝している有名マットレス。多くのスポーツ選手が愛用し、程よい柔らかさと反発力が特徴のマットレスです。価格は比較的高め…。ポータブルタイプ(持ち運び)が欲しいならエアウィーヴ1択です!

詳しく見てみる

テンピュール

【テンピュールフトンシリーズマットレス】腰痛への評判と口コミを調査 都内ホテルでも採用されている高級マットレス。しっかりとした暑みがありジンワリと体にフィットする寝心地で快適な睡眠をサポートしてくれます。品質の高い一流品ですが価格も約20万~と一流です(汗)

詳しく見てみる

人気メーカーのマットレス比較一覧表

上下左右↑↓←→スクロール可能

モットン
雲のやすらぎ
トゥル−スリ−パ−
東京西川エアー
エアウィーヴ
ニトリ
無印良品
IKEA
フランスベッド
テンピュール
日本ベッド
シモンズ
オクタスプリング
マニフレックス
腰痛
種類 高反発ウレタン 敷布団+高反発 低反発ウレタン 高反発 ファイバー ポケットコイル ラテックス ポケットコイル ボンネルコイル 低反発 ポケットコイル ポケットコイル 高反発 高反発
厚み 10cm 17cm 5cm 9cm 4.5cm 34cm 19cm 33cm 20cm 21cm 24cm 17cm 7cm 16cm
通気性
耐久性 8年~10年 8年~10年 3年~5年 8年~10年 5年~7年 10年 10年 10年 8年~10年 10年 10年 10年 6年~8年 10年
お手入れ
価格 39,800円 39,800円 24,800円 151,200円 48,600円 69,900円 95,000円 69,990円 68,000円 205,200円 194,400円 162,000円 21,384円 32,670円
保証 あり あり あり なし あり あり なし あり あり あり 要確認 要確認 なし あり
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

腰痛マットレスの種類

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスの特徴とおすすめポイント!欠点についても解説 ウレタンマットレスは安く耐久性が高いのでとても人気があり多くの人が愛用しています。日本の敷布団文化からマットレスへの流れを作ったのもウレタンマットレスです。低反発と高反発があり寝心地が大きく異なりますが耐久性や体圧分散性、価格を考えると個人的には高反発マットレスが一番おすすめできます。通気性が少し悪いのが弱点です。(我が家でも愛用中です!)

詳しく見てみる

ラテックスマットレス

ラテックスマットレスのおすすめポイントと欠点を解説 ラテックスマットレスはゴムの木の樹液から作られているマットレスです。弾力がある寝心地が特徴でしっかりと体圧分散できます。天然ラテックス100%・天然ラテックス・合成ラテックスと3種類ありますが天然ラテックス以上のものを購入することをおすすめします。個人的には無印良品のラテックスマットレスがおすすめ!あとゴムアレルギーがある人は使わない方がいいです。

詳しく見てみる

スプリングマットレス

スプリング(コイル)マットレスの特徴と種類 スプリングマットレスにはボンネルコイルとポケットコイルがありますが、個人的にはポケットコイルの方がおすすめです。ポケットコイルの方が価格が高いことが多いのですが、体を点でしっかりと支えられますしスプリングマットレス特有の寝返りした時の揺れも気になりません。

詳しく見てみる

ファイバーマットレス

【洗えるマットレス】ファイバーマットレスを解説!おすすめ3選掲載 ファイバーマットレスはこれまで自宅で手軽に洗えないと言われていたマットレスの常識を覆した「洗えるマットレス」です。湿気やカビに強く、常に清潔な状態を保てるため人気になってきています。反発力もあり高反発マットレスと似た寝心地で寝ることが可能です。

 詳しく見てみる

大きく分けるとこの4種類ですが、全ての種類を比較したページがあるので一気に違いを知りたい方は「マットレスの種類を比較解説」を参考にしてください。

腰痛マットレスの選び方

腰痛マットレスを選ぶ時のポイント解説図
寝起きの腰痛を和らげるためのマットレス選びで重要な点は、自分の体に合っているマットレスを選ぶことです。しかし、自分の体に合っているマットレスは1ヶ月程度使ってみてから出ないとわからないことが多いため、購入して使ってみたら全然自分には合わなかったということもありえます。

なので、マットレスを購入するときは「返品可能」な商品を購入するのがポイントです。

返品可能な商品であれば万が一自分に合っていなかったとしてもお金を無駄にすることがありませんし、合っていないマットレスで我慢して寝る必要もありません。

マットレスは安い買い物ではないので、返品や返金できることを重要視して購入することで後悔しないマットレスを購入することが可能になります!

マットレスの硬さ・柔らかさのおすすめ目安

体重 目安
〜50kg 70~100ニュートン
50kg〜80kg 140ニュートン
80kg〜 170ニュートン

硬さの目安としては上の表の通りのとなりますが、硬さを公表していないマットレスもあり店舗などで選ぶときに困ってしまうこともあると思います。そのような場合には、一度寝てみて少し硬いかなと感じる程度のマットレスを選ぶことをおすすめします。

柔らかいマットレスは一瞬寝てみた感じは最高なのですが、長く使うと寝ている姿勢が崩れてしまったり耐久性が弱かったりする場合があるので硬さ目安のニュートンが表記されていないマットレスを購入する場合にはちょっと硬いかな程度のものをおすすめします。

密度・復元力も選ぶポイントに

マットレス復元力の品質表示
ウレタンを使ったマットレスを購入する場合には、密度や復元力もしっかりチェックしておきましょう。マットレスのラベルに書いていない場合も多いので気になっているマットレスの公式サイトを覗いてどんな製品かチェックすることをおすすめします!

目安としてはウレタンの密度が30D以上のものを購入することで5年以上愛用できる耐久性の高いマットレスを手に入れることができます。さらに、復元力が高いものを購入することでヘタリがおこりにくく長く正しい姿勢で寝ることが可能になります。

ちなみに市販量販店で販売されているものは密度や復元力が表記されていないものもあります。1~2万円程度で購入できるウレタンマットレスはウレタン密度が20Dほどで耐久性があまりよくないと覚えておきましょう。

おすすめはウレタンかポケットコイル

ウレタンとポケットコイルマットレス解説図
マットレスにも色々な種類があり、それぞれ特徴がありますが、私がおすすめしたいのは2つだけです。

1つ目はウレタン素材の高反発マットレスです。高反発マットレスは体をしっかりと支えて体圧分散できますし、寝返りをサポートしてくれるので快適な睡眠を取ることができます。

血行を妨げることなく促進させてくれるので寝起きの腰痛や足の痺れ予防にもなります。

そして最大の魅力が価格が安く耐久性が高いこと。高反発マットレスはとにかくコスパが良いです。私が愛用している「モットン」や妻愛用中の「雲のやすらぎ」は4万円以下で購入できますが、8~10年は愛用できるほど品質が高いマットレスです。

そして、ウレタンマットレスと同じくらいおすすめなのがポケットコイルマットレスです。ポケットコイルマットレスはマットレスの中でも高級品に位置付けられている種類で価格が高いのですが寝心地や体圧分散性にとても優れています。

40万円ほど必要になってしまいますが、お財布に余裕のある方にはポケットコイルマットレスをおすすめします。

腰痛マットレスQ&A

マットレスの敷き方は

基本はベッドに敷いて使いますが…直置きでもOK

マットレスは基本的にベッドの上に敷いて使うことが一般的ですが、最近ではフローリングに直置きして使ったり畳に直置きして使う方も増えてきています。

我が家の場合には、フローリングの上に除湿シートを敷いてその上にマットレスを直置きしています。

また、ホームセンターで売られている「すのこ」を並べてその上にマットレスを敷いている方も多いので、通気性や湿気対策だで軽くできていればどんな使い方でも問題ありません!

ただし、厚みが10cm以下の薄いマットレスの場合は直置きすると底付き感が気になるのでマットレスは最低10cmのものを選びましょう!

寝方に癖があるけど大丈夫?

全く問題ありません!

人は寝ている間に20回ちょっとの寝返りをしています。

横向きで寝てしまっても気づかないうちに色々な体制で寝ているので心配する必要はありません!また、質の高いマットレスであれば体の方に合わせてしっかりと体を支えてくれるので体が痛くなることも少なく安心して快適に睡眠を取ることができますよ!

腰痛はマットレスで治るの?病院に行くべき?

腰痛はマットレスだけで治るわけではありません。

あくまでもマットレスは寝起きの腰痛を和らげてくれたり、寝返りをサポートして血行促進を働きかけてくれる役割です。万が一椎間板ヘルニアなどが発症している場合には病院に行って治療をしなければ治りません。

腰痛に悩んだら整体に行くのではなく、まずは整形外科へ行って詳しい診察を受けることをおすすめします。