床で寝ると体にいいって本当?実際に1ヶ月間試してみたら腰痛や体の痛みが悪化した

腰痛に悩んでいて改善方法を調べていたところ、ミニマリストの人のブログ記事を見つけて床に直接寝ると体重によって姿勢が矯正されるからおすすめという情報を発見して試してみることにしました。

床の上で寝る健康法なんてありえるの?ちょっと胡散臭いなーと思っていましたがどうやら床の上で寝ることを推進している「西式健康法」という健康法の情報を元に実践している人がいることがわかりました。

ちなみに私は床の上で寝るを1ヶ月間試してみたところ、腰痛・尾てい骨の痛み・首の痛み・かかとの痛みなど様々なトラブルが発生しました。

どうやら床の上で寝るが合わない人も間違いなく一定数はいるということを自分の身で体験することができたので良い経験にはなりましたが、淡い期待をして取り組むとリアルに体が痛い目を見るので床の上で寝るを試したい人は自己責任で行ってください。

西式健康法-平床寝台とは

直立生活によって生じがちな背骨のズレを硬い平面上に寝ることにより体重で矯正します。またその硬さによって皮膚と肝臓に刺激を与え、皮膚の近くの静脈を鼓舞し、血液のもどりを活発にすることで腎臓の機能もよくなります。

● 実行方法
厚さ10mm程度の板にシーツを敷いて、掛け布団は寒くない程度にし、余り発汗しない状態にして寝ます。はじめは、敷き布団を2枚敷いていた人は1枚に、1枚の人は毛布を二つ折り程度にしたものを敷き布団代わりに、というように徐々に平床に慣れるようにしましょう。
● 注意事項
畳やフローリングなどの上にじかに就寝すると、体温を奪われて別の問題が生じます。必ず床面との間に何かを敷く必要があります。

引用:西式健康法-平床寝台

私が床で寝て感じたメリットたたった1つ

朝スマホのアラームで簡単に起きられた

普段は「高反発マットレス」で寝ていますが、8時間ほどしっかりと睡眠を取らないとスマホのアラーム程度では全く起きることができません。

しかし、床に直接寝ている時はなぜかスマホのアラームでパッと目が覚めて起きることができました。寝起きは少し体がだるいって感じですが、どうしても起きなければいけない予定がある時には床の上で寝ると起きれるということが知れたのでこれはメリットだと思います。

少し調べてみたところ、受験生が勉強をしていて仮眠をしたいときに床で寝ると起きられるということで受験生で床の上で寝るを実践している人が多いことがわかりました。

ただし、やっぱり寝起きがだるいですし体が痛くなるのは私だけではないはず・・・。

床の上で寝るを試して感じたデメリット3つ

とにかく体が痛い!寝起きがバキバキ

なんと言っても最大のデメリットは床の上で寝ると寝起きに体がバキバキに硬直したようになって、体を動かすと痛みが走ります。

何事にも慣れというものがあるので、1ヶ月間床の上で寝て見ましたが1ヶ月経過しても慣れることはありませんでした。

背中をはじめとして、腰や首、かかとなどありとあらゆる部位が痛くなり本当にこれで姿勢矯正ができるのか?むしろ体の姿勢がぐちゃぐちゃになってしまっているんではないか?と不安すら感じた時もありました。

筋肉痛のような症状も現れた

特に一番痛みがひどくなったのが、尾てい骨やお尻周りです。

普段あまり運動をしないのですが、床の上で寝るようになってからお尻や太もも周りの筋肉痛のような痛みが出るようになり、最初は好転反応かな?と考えていましたが徐々に悪化してきたのでその日を界に床の上で寝るを中止しました。

寝返りがしづらい

マットレスの上とは異なり、床の上で寝ると寝返りがとてもしずらいです。

横向きに寝ると骨盤が床に当たってとても痛いですし、血流が止まっているような感じがして寝付くことができません。さらに仰向けで寝るとお尻が圧迫されて腰回りも痛くなり寝心地が悪いです。

最近では腰痛を軽減するために寝返りのしやすい高反発マットレスがとても人気になっていますが、それとは全く逆の発想の床の上で寝るを試して腰痛が軽減することに期待していたのですが、私の場合は全く改善することができませんでした。

腰痛や寝起きの体の痛みを対策するならマットレスがおすすめ

腰痛に悩み、整体をはじめ鍼治療や整骨院など様々な治療を繰り返してきた私ですが、さすがにどんなに有名な健康法でも床の上で寝るは私が自分の体で試してみた結果、あまりおすすめできるものではありませんでした。

最近では腰痛を軽減するために様々なテストや研究を重ねて開発されたマットレスや敷布団が販売されているので、もしも腰痛に悩んでいるなら床の上で寝るよりも機能性の良いマットレスを使って寝る方法をおすすめします。

私は今現在「モットン」という高反発マットレスを使っていますがとても腰の調子がいいですし寝起に体がバキバキになることもありません。

また、私の妻も腰痛に悩んでいましたが「雲のやすらぎ」という敷布団マットレスを愛用するようになってから寝起きが嘘のように楽になったと言っています。

高機能性マットレスを使うことで悩んでいた腰痛が軽減する可能性は高く、私の経験上床の上で寝たり、体に合っていないマットレスで寝るよりははるかにメリットがありますので、腰痛に悩んでいる人は一度検討してみることをおすすめします。

床の上で寝るを試したい人は平床寝台を使おう

平床寝台

出典:https://ameblo.jp/chikinusa/entry-12301226103.html

床の上で寝るを正しく実施するためには平床寝台を使う必要があります。

平床寝台は少し寝が張りますがAmazonから16,500円で購入することが可能なので床の上で寝るを正しく試したい人は購入してみることをおすすめします。

購入した人の体験談や口コミも調査して見ましたが、意外と床の上で寝るが気に入っていたり体調がよくなったという口コミも存在したので個人差によって悪化したり体調がよくなったり色々あるようです。

こればかりは実際に体験してみないと自分に合っているのかどうかがわからないので、試してみたい方は体が痛くなる覚悟の上でチャレンジしてみてください。