高反発マットレスは腰痛におすすめ!実際に使ってみた

腰痛や寝起きの背中の痛みに悩んでいてネットで色々情報を読んでいると、なにやら高反発マットレスが腰痛におすすめだという意見が多く実際に試してみることにしました。

また、おすすめという意見とは反対に腰痛が悪化したと言う口コミも拝見したのでやつぱり自分で体験してみるのが一番早いと思い高反発マットレスを購入してみました。

この記事では普通の敷布団から高反発マットレスに変えてみて寝起きの体がどのように変化したのか体験談ベースでご紹介しています。

腰痛対策に高反発マットレスを使ってみた結果

腰痛対策に高反発マットレスを使ってみた結果、寝起きの腰痛と息を吸うのが辛いくらい痛かった背中の痛みを和らげることに成功しました。

しかし、1つ言っておきたいのが「慢性的な腰痛がすっきり治ったわけではない」と言うことです。

よくブログやサイトでマットレスを変えたら腰痛がすっきり解消された!みたいな口コミを見つけるのですが、私の場合にはすっきり治ったわけではありません。

あくまでも寝起きの腰痛や背中の痛みが和らいだということなので、マットレスを変えれば腰痛が治るんだ!!と勘違いはしないでください。

高反発マットレスを使い始めた1ヶ月目は腰痛が悪化した

実は、高反発マットレスを使い始めて1ヶ月目の時は腰痛や背中の痛みが和らいだと言う実感はほとんどありませんでした。

正直、ネットの情報に騙されたかな〜と不安にすらなっていましたね。

さらに、休日に普段より2時間くらい長く寝ると腰痛や背中の痛みが和らぐどころか悪化してしまったんです…。

本格的に焦り始めて、返品することも考えネットで購入した先のサポートセンターにお問い合わせをしたところ「高反発マットレスは慣れるまでに少し時間がかかる」とアドバイスをいただき最低でも3ヶ月間使ってみてくださいとのことでした。

高反発マットレスを使い始めて3ヶ月目で変化が!

高反発マットレスを3ヶ月間継続して使っていると明らかな変化を実感することができました。

寝起きに上を向いて起き上がれずにいつも横を向いてから起き上がっていたのですが、普通に上を向いて起き上がっても腰痛がひどくないんです。

さらに息を吸うのがいやになるような背中の痛みもほとんど気にならないレベルにまで和らぎました。

私は敷布団から高反発マットレスに変えたのですが、敷布団で寝るとお尻部分や腰回りが深く沈んでしまい背骨が曲がってしまっているような状態になってしまいます。

普段からその寝方で慣れているのに、高反発マットレスに変えてから正しい姿勢で寝れるようになったため一時的に腰痛や体の辛さが悪化してしまっていたんだと知ることができました。

今現在高反発マットレスを使っていなくて、これから高反発マットレスに変える方は最初の1ヶ月間程度は何も実感できなくむしろ悪化したように感じるかもしれませんが、それは誰でも経験することなので焦らずまずは3ヶ月間使ってみることをおすすめします。

体重が軽すぎる方は高反発マットレスの硬さ選びに注意!

これは私の妻が実際に体験したことなのですが、高反発マットレスを選ぶときに自分の体重に合っている硬さのものを選ばないと腰痛や寝起きの辛さを改善することができません。

妻の場合は体重が48kgなので通常であれば140N(ニュートン)と言う硬さのマットレスを使えばギリギリ体重に見合った硬さなのですが、140Nでは硬すぎてあまり快眠することができなかったんです。

その後、100Nと言う硬さの高反発マットレスに変えてみたところ寝起きの調子がよくなり、寝つきもよく快眠することができるようになりました。

今まで敷布団や低反発マットレスを使っていた方で、体重が50kg以下の人は100Nと言う硬さの高反発マットレスを使うことをおすすめします。

腰痛に良い高反発マットレスを比較しました

腰痛対策マットレスとして人気の高いマットレスを数種類実際に使って比較してみました。

モットン 雲のやすらぎ エアウィーヴ
価格 39,800円 39,800円 99,360円
種類 高反発 高反発 高反発
腰痛
耐久性 約8年 約8年 約6年
厚み 10cm 17cm 4.5cm
寝心地(硬さ) 硬め 敷布団に近い 下に敷いてあるものに左右される

この3つを実際に購入し使ってみましたが、それぞれに特徴があり寝心地も違います。

モットンは少し硬めのマットレスですが、程よく体が沈み寝返りも自然に行えるマットレスです。

そして雲のやすらぎは高反発マットレスですがどちらかと言うと寝心地は敷布団に近い感じです。雲のやすらぎは5層で作られていて、寝る表面の部分は羊毛でできているので寝心地としては柔らかい感じです。寝返りが少ししづらい印象でした。

最後に、エアウィーヴですが単純に厚みが4.5センチしかなくとても薄いのでエアウィーヴの下に敷くマットレスによって寝心地が左右されるかな〜って感じでした。

エアウィーヴの下に敷布団を敷くと柔らかい感じになりますし、高反発マットレスを敷くと少し硬めのしっかりした寝心地になります。

私が選んだ高反発マットレスはモットン

私が実際に数種類の高反発マットレスを使ってみて一番よかったと思ったのはモットンです。

モットンは最初の1ヶ月目はあまり変化を実感できなかったんですが、使い始めて2~3ヶ月目の頃に明らかに寝起きが楽になり、腰痛や背中の痛みが和らいでいるとしっかりと実感できました。

雲のやすらぎは少し柔らかすぎましたし、エアウィーヴに関しては寝心地はよかったものの価格が高すぎるのでちょっと除外って感じです。

モットンは39,800円で約8年ほど使える耐久性がありますし、腰痛サポートに特化している高反発マットレスなのでコスパを考えても間違いなく1番だと思っています。

腰痛に高反発と低反発のマットレスはどっちがいい?

マットレスを購入するときに悩みがちな「高反発」と「低反発」どちらがいい?と言う悩みですが、私も悩んだ経験があるので私の体験談+827人にアンケートを実施してまとめた記事があります。そちらをご参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です