腰痛には高反発と低反発マットレスどっちが良い?違いは?827人にアンケート!

腰痛には高反発マットレスと低反発マットレスはどっちが良いの?違いは一体何?と疑問に思う方が非常に多いので、両方使ったことのある私が体験談を交えながらメリット・デメリットを解説していきます。

また、世の中の人は高反発マットレスと低反発マットレスのどちらを使っている人が多いのかについても827人にアンケートを実施して調査してみました。

マットレス選びに悩んでいる人はぜひご参考にしてください。

高反発・低反発マットレスのメリット・デメリット

高反発マットレス
  • メリット
    1. 寝起きの腰痛予防に最適
    2. 体圧分散性に優れている
    3. 自然な寝返りが可能
    4. 軽くてお手入れが楽
    5. コスパがよく5年以上使える
  • デメリット
    1. 自分に適した硬さでないと体が痛くなる
    2. 敷布団から高反発に変えると慣れるまでに1週間程度かかる
    3. 基本的に自分で丸洗いができない(クリーニングに出すのが最適)
腰痛に悩んでいる方は基本的に高反発マットレスがおすすめです。高反発マットレスなら寝るときの姿勢が正しく保たれ体圧分散されるため、寝ているだけで寝起きの腰痛を予防することが可能になります。(使い始め1週間くらいは寝心地に慣れないことが多いです。)
低反発マットレス
  • メリット
    1. 柔らかく寝心地が良い
    2. 通販番組で取り上げられるので人気がある
    3. 柔らかいので折りたたみが楽
  • デメリット
    1. 数年使うとお尻部分が凹む
    2. 沈みが深く寝返りがしづらい
    3. 薄いので重ねて使う必要がある
低反発マットレスは腰痛などに悩みがなく、柔らかい寝心地が好きな方におすすめです。特に、体の筋肉量が低下する60代以降の方で体重が60kg以下の方におすすめです。

さらに詳しく高反発と低反発マットレスの違いについて知りたい方はこのまま読み進めて見てください。

高反発と低反発マットレスの違い

高反発と低反発マットレスの違い

そもそも高反発マットレスと低反発マットレスの根本的な違いは硬さにあります。

硬さ(ニュートン) 表示名
低反発マットレス 75ニュートン未満 やわらかめ
一般的なマットレス 75ニュートン~110ニュートン未満 ふつう
高反発マットレス 110ニュートン以上 かため

情報参考:消費者庁-ウレタンフォームマットレス

マットレスには消費者庁が定めている硬さがあり、100N(ニュートン)以上の硬さのものを「かため」(高反発マットレス)、75N(ニュートン)以下のものを「やわらかめ」(低反発マットレス)と呼んでいます。

75〜100N(ニュートン)のマットレスはどちらにも属さない「ふつう」となり一般的なマットレスの硬さとなります。

高反発マットレスは反発性が高く沈んでも瞬時に反発して元に戻るのに対し、低反発マットレスは反発性が少ないので沈んでから戻るまでに少し時間がかかります。

高反発マットレスの寝心地は少し硬い感じとなり、低反発の寝心地はとても柔らかい感じとなります。

硬さが違うと寝姿勢が変わる

マットレスの硬さが違うと何が変わるのか?それは、寝ている時の姿勢です。

簡単に考えるとマットレスが柔らかい方が腰や肩に負担がかからなくて良いマットレスだと思いがちですが、実は柔らかいマットレス=良いマットレスだということではありません

硬いマットレスと柔らかいマットレスの違い

このイラストを見てもらうとすぐに理解できると思いますが、柔らかすぎるマットレスで毎日寝てしまうと、お尻や腰が沈みすぎてしまい寝ている姿勢が悪く寝起きの辛い腰痛の原因となってしまいます。

その逆に硬すぎるマットレスで寝ているとお尻や腰がマットレスにうまく沈まないためお尻や腰回りが圧迫されてしまい血流が悪くなり寝起きの腰痛や足のしびれの原因となってしまいます。

腰痛には高反発・低反発マットレスのどちらがいいか?

高反発と低反発マットレスを腰痛に使ってみた

最終的に気になるのが、高反発マットレスと低反発マットレスのどちらを使えば寝起きの辛い腰痛を和らげることができるのか?ですが、これは一概にどちらのマットレスと断定することができません。

マットレスの硬さ選びをするときに重要となるのが自分の体重です。

高反発・低反発の両方を使ったことのある私の体験談を元にお話させていただくと、体重が50kg以上の人は「高反発マットレス」がおすすめで、50kg以下の人は低反発マットレスか柔らかめの高反発マットレスがおすすめです。

体重が50kg以上ある人は低反発マットレスを使うと体が沈みすぎてお尻や背中が圧迫されてしまい血流が悪くなり寝起きの腰痛や肩こり、足のしびれなどが悪化する可能性が高くなります。

そして体重が軽い方が高反発マットレスを使ってしまうと、硬すぎて寝心地が悪く、腰が浮いた状態の寝姿勢になってしまうので体の痛みや腰痛が悪化する可能性があるんです。

なので、50kg以上の方は高反発マットレス・50kg以下の方は低反発マットレスか柔らかめの高反発マットレスがおすすめです。

寝ている時に正しい姿勢が保たれていれば寝るだけで寝起きの腰痛や体の痛みは自然と和らげることが可能なので、自分の体重に合っているマットレスを使うことが非常に大切です。

正しい硬さのマットレス

このイラストのように、程よくお尻が沈み体をしっかりと面で支えてくれるマットレスが正しい姿勢をキープできるマットレスです。このようなマットレスを使うことで寝起きの腰痛を和らげることが可能になります。

腰痛対策に高反発と低反発どちらを使っている?アンケート結果


アンケートはクラウドワークスにて実施致しました。

20代〜60代の男女827人に腰痛対策としてどちらのマットレスを使っているかアンケートを実施したところ高反発24%、低反発25%、使っていない(ベッドや敷布団)51%という結果となりました。

意外とマットレスを使っていない方が多く、高反発と低反発に関してはほぼ同数でどちらも人気が高いマットレスだということもアンケート調査を行うことで見えてきました。

こちらの「腰痛や肩こりでマットレスを変えてみたいか?」と言うアンケートを実施した内容では、高反発マットレスに変えてから寝起きが楽になったという意見が多かったので、腰痛に悩んでいる人は高反発マットレスを使ってみることをおすすめします。

気になる高反発と低反発のQ&A


横向きに寝るなら高反発と低反発どっち?

横向きに寝る場合でも自分の体重を目安に選ぶことをおすすめします。

基本的に横向きで寝ても負担がかかるのは腰回りやお尻付近です。自分の体重に見合った硬さのマットレスを使っていれば体の痛みを和らげることが可能なので、自分の体重を目安に「辛い腰痛に!失敗しないマットレスの選び方」をご参考にしてください。

子供には高反発と低反発どちらがいい?

体重が軽いので低反発マットレスがおすすめです。

子供は体重が30~40kg程度と軽いので低反発でも寝姿勢を正しく保つことができるので低反発がおすすめです。

しかし、あまり深く考えすぎず子供が寝心地がいいというものをチョイスしてあげればOKです。

敷布団やベッドに重ねて使うのはあり?

OKですが厚みが10cm以上あるマットレスは1枚で使うことをおすすめします。

敷布団やベッドにマットレスを重ねて使うのはOKですが、厚みが10cm程度あるマットレスの場合には1枚で畳やフローリングに直接敷いて使ったほうが湿気がたまりにくくお手入れが簡単です。

重ねて使っているとどうしてもマットレスと布団の間に湿気がたまってしまい、カビが生えてしまったりジメジメしてしまう可能性が高いのでできれば1枚で使うことをおすすめします

しかし厚みが5cm程度しかないマットレスですと、お尻の底付き間がしてしまい寝心地が悪いのでその場合には重ねて使うといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です