ラテックスマットレスの特徴やおすすめポイントと欠点を解説

ラテックスマットレスというのをご存知でしょうか?日本ではまだまだ知られておらず、情報量も少ないラテックスマットレスは、特有の柔らかさと弾力性を兼ね合わせた新しいタイプのマットレスです。

ヨーロッパなどを中心に人気のラテックスマットレスは低反発マットレスとも高反発マットレスとも異なり、ソフトな柔らかさで体を包み込み、それでいてしっかりと体を支えることができるため、理想的な体圧分散、睡眠へといざなってくれます。

まだまだ謎多きラテックスマットレスについて今回はしっかりと解説していきます。

ラテックスマットレスの特徴

ラテックスマットレスはゴムの木から採取したゴムの樹液で作られたマットレスです。ラテクスマットレスは大きく分けて、天然ラテックス100%、天然ラテックス、合成ラテックスの3つに分類されます。

天然ラテックス100%は最低限必要な凝固剤などの添加物を除いて、ゴムの樹液を100%使用して作られた純正のラテックスマットレスです。天然ラテックス100%のマットレスは自然抗菌作用により、バクテリアやダニ、ホコリが発生しにくい環境を作るため、アレルギーの原因を減らしてくれます。

また独特のしっとり感があるマットレスになるため、叩いてもホコリなどがほとんど出ず、天日干ししなくても清潔に保つことができます。形が崩れにくく、耐久性があり、天然素材ならではの心地よい眠りが特徴的です。天然ラテックスは天然ゴムの保有量が80%以上のもののこと、そして合成ラテックスは天然ゴムの保有量が80%以下のものをまとめて言います。

合成ラテックスは石油を原料として作られたゴムを用いてマットレスに形成していきます。天然ゴム100%のラテックスマットレスと比較すると耐久性が悪く、通気性も悪いため寝心地は劣ってしまいます。またゴム特有のゴム臭を発することもあります。

ラテックスマットレスのおすすめポイント

ラテックスマットレスのおすすめポイントといえば、やはり独特の寝心地にあるといえます。これまでのソフトなタイプのマットレスは体圧分散力が悪く、腰に負担がかかってしまいがちでした。またハードタイプのマットレスでは、しっかりと体を支えてくれるものの、固いゆえに寝心地の悪さも弱点だといわれていました。

こういったソフトタイプ、ハードタイプのマットレスの欠点を両方でカバーできるのがラテックスマットレスです。ラテックスマットレスは体圧分散の力に非常に優れており、ソフトでありながらもしっかりと体を支えることが可能です。

体圧分散力に優れているラテックスマットレスは、腰や肩、首などの体の突起した部分にかかりがちな体圧を、うまく他の部位に均等に分散することができるため、しっかりと体を休め、ケアすることができます。

また柔らかいマットに多い沈み込みがないため、自然な寝がえりのサポートも行ってくれます。ゴム特有の反発力が体をしっかりと支え、きれいな寝姿勢を維持することが可能です。他にも耐久性に富み、衛生的な面もラテックスマットレスのおすすめポイントです。

ラテックスマットレスの欠点

ラテックスマットレスは欠点がなかなか見つからないほど、非常に優れたマットレスですそれでも欠点をあげるとすれば、通気性が若干劣る点くらいではないでしょうか。

ラテックスマットレスは、ピンホールといわれる無数の穴がたくさん開いたマットレス構造になっています。空気穴がしっかりと開いているため、常に空気が循環し通気性もある程度保たれていますが、スプリングマットレスなどと比較すると通気性は若干劣ってしまいます。

冬場はいいですが、特に夏蒸し暑い日本では、蒸れを感じることもあります。また合成ラテックスマットレスでは天然ラテックス100%のマットレスよりも蒸れ感が強く出ることがあります。

それでもきちんと蒸れ対策が施されたラテックスマットレスも販売されており、そういったものを選ぶことで蒸れ感は解消されます。

ラテックスマットレスは寝起きの腰痛にいい?

腰痛の人にとって一番大切な睡眠。睡眠の良し悪しで腰痛の悪化、改善に大きな差が出るといっても過言ではありません。しかし、腰痛持ちの人が快適なマットレスを見つけるのは非常に難しく、実に多くの人が満足のいくマットレスに出会っていません。ラテックスマットレスは、ソフトタイプのマットレスとハードタイプのマットレスのいい面を足したマットレスです。

包み込むような柔和な寝心地でありながらも、しっかりと体を支えてくれるゴムの弾力により快適な睡眠をサポートしてくれます。

腰痛の人にとって柔らかすぎず、固すぎないというのは非常に大事なポイントです。柔らかすぎるマットレスでは、寝ているときの体の体圧が腰にかかってしまい、腰痛を悪化させてしまうこともしばしばありました。また固すぎるマットレスでは、出っ張ったお尻から腰にかけてが宙に浮くような状態になり、返って腰への負担が増えてしまっていました。

このラテックスマットレスでは、体の一部だけに負担をかけることなく、全身をしっかりとちょうどいいバランスで支えてくれるので腰痛の人でも腰への負担を軽減し、快眠を得ることが可能です。またしっかりと寝返りが打てるため、左右のバランスが悪い人でも寝ながら姿勢をサポートすることができます。

もちろん、ラテックスマットレスの種類や天然ラテックスの含有率によって若干、寝心地は異なるため必ずしもすべての腰痛の人にとっていいというものではありませんが、ラテックスマットレスは腰痛の人にとって心強いマットレスだといえます。

ニトリやIKEAでラテックスマットレスは売られている?

日本での浸透、普及率の低いラテックスマットレスですが、ヨーロッパなどのホテルでラテックスマットレスを使用したことのある人や口コミから徐々に需要は高まりつつあります。それに伴い、大衆向けの大型家具店でもラテックスマットレスの取り扱いは少しずつ増えてきています。

もっとも簡単に手に入れる方法としては、大型家具店でお馴染みのニトリやIKEAでの入手です。ニトリで使われているラテックスマットレスは、2種類の固さの異なる天然ラテックスに再生ラテックス、ソフトウレタンなど様々な素材を用いて作られています。

肌に近い部分ではソフトな寝心地が感じられるよう、それでいて中心部ではしっかりと体をささえ、寝返りを打ちやすくしたオリジナルのマットレスは、シングル、セミダブル、ダブルの3サイズ用意されています。

お値段は27,686円からです。IKEAで使われているラテックスマットレスは、体の各部位を的確にサポートできるようにマットレスの位置に合わせて固さが変えられたマットレスです。体へのフィット感が高く、効果的に体圧を分散してくれます。全5タイプのサイズが用意されています。お値段は29,990円からです。

耐久性はいいの?へたりや寿命はどのくらい?

ラテックスマットレスは他のマットレスと比較しても耐久性に優れたマットレスです。特に天然ラテックスの含有パーセンテージが高ければ高いほどその耐久性は高く、逆に合成ラテックスの含有率が高いほど耐久性は衰えてしまいます。

天然ラテックス100%のマットレスの寿命は10年以上で、天然ラテックス100%のマットレスを販売している多くのメーカーが10年の品質保証を設けているほどです。先ほどのIKEAのラテックスマットレスに関して言えば、品質保証は25年と非常に長くなっています。

天然のラテックスマットレスはその製造工程に非常にコストと時間がかかる特徴があります。コストをかけ樹液を発泡させ、時間をかけて作り上げられたラテックスマットレスはムラが少なく、とても密度の詰まったいい品質のものに仕上がります。その結果10年が経っても品質に変形がなく、それ以上長く使用できるものになっているというわけです。

合成のラテックスがここまでの品質を保てるのかといわれれば、そうではなく、3年近く使用すると変形してしまいます。特に体圧のかかりやすい肩腰などの部位でへたりが起こりやすくなります。劣化は睡眠の質にも現れるようになり、購入当時と同じような睡眠が行えなくなれば買い替え時です。

通気性はいい?カビや湿気が心配

ラテックスマットレスは、スプリングマットレスなどと比較すると通気性は若干劣ります。しかし天然ラテックス100%のものは通気がさほど悪いというものではありません。ラテックスマットレスは、ピンホールといわれる穴が無数に開いたマットレス構造です。

この空気穴から常に空気が循環しているため、夏場であっても快適に過ごすことができます。それでもメーカーや天然ラテックスの含有率によっては通気性の悪いものもあります。

その場合に気になってくるのがカビや湿気ですが、天然ラテックスは自然抗菌作用が高いためカビやバクテリアが発生、生息しにくくなっています。またラテックス素材自体に吸湿性がなく湿気にくくなっています。だからといって極端にジメジメとした場所に放置しておくと、優れたラテックスマットレスでもカビやダニが発生してしまうことがあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です