マットレスは何年使える?平均寿命は?492人にアンケート実施

マットレスってどのくらいで買い替えるんだろう?そもそも寿命ってあるの?と疑問に思ったことはありませんか?

実はマットレスにも寿命があります。

寿命をすぎているのにもかかわらず何年も使っていると寝る姿勢がどんどん崩れてしまい体が歪んでしまったり、特定部分が深く沈んでしまい圧迫されて腰痛や足のしびれなどの原因になってしまう可能性もあります。

今回は、マットレスの平均寿命や買い替えの目安をご紹介するとともに、人には聞きづらい「どのくらい同じマットレスを使っているか」を492人にアンケートを実施してみました。

自分の家のマットレスが寿命かな?と思う方はぜひ買い替えの目安としてご参考にしてください。

みんなは何年くらい同じマットレスを使っている?492人のアンケート結果

マットレス使っている年数
アンケートはクラウドワークスにて実施致しました。

アンケートの結果、同じマットレスを1〜3年程度使っているという結果が一番多く回答されました。

そして次に多かったのが5年以上使っているという回答。マットレスなんて滅多に購入しないし5年くらい使うのが当たり前でしょ?と思うかもしれませんが、質のあまりよくないマットレスだと5年以上使っていると形が崩れてしまったりマットレス本来の役割を果たせていない可能性が高くなります。

じゃあ一体どのくらいが平均寿命なの?って話なんですけど、平均寿命は〇年と断定することができません。

使っている環境やどんな質のマットレスを使っているかで平均寿命がそれぞれ異なるからです。

しかし、マットレスを交換した方がいい目安を見つけるポイントがあります。マットレスの買い替え目安ポイントをまとめたので今使っているマットレスを見ながらチェックしてみてください。

マットレスの買い替えチェックポイント

  • いつも寝ている部分が凹んでいる
  • 購入時よりも柔らかく凹む感じがする
  • カビがひどく不衛生な状態
  • 寝起きに体が痛くなる

この4つに当てはまっている場合には買い替えた方が良い時期ですので、早めにマットレスの買い替えを検討することをおすすめします。それぞれ1つずつ具体的にその理由についてご紹介してきます。

いつも寝ている部分が凹んでいる

いつも寝ている部分のお尻や背中部分などがヘタレて凹んでいる場合には早めに買い替えることをおすすめします。

寝ている部分が凹んでいるのはマットレスの素材がヘタレてしまい体を支えることができていない証拠です。このような状態で寝ていると、寝ている姿勢が崩れてしまし常に猫背で寝ているような状態になってしまったり、腰やお尻周りなどの血流が悪くなり寝起きに体の痛みが発生する可能性が高いからです。

購入時よりも柔らかく沈む感じがする

購入した時よりも明らかに柔らかくなってきていて、寝ている部分が深く沈むような場合もマットレスの寿命だということができます。

マットレスの役割は体を面でしっかりと支えて正しい姿勢で寝ることをサポートすることですが、柔らかすぎるヘタっているマットレスは寝ている姿勢を崩し体の不調の原因にもなります。

数千円〜3万円程度で購入したマットレスの場合は5年使うと相当ヘタレてきている可能性が高いので買い替えの検討をしてみましょう。

カビがひどく不衛生な状態

高反発マットレスや低反発マットレスは通気性が悪いのである程度お手入れをしていなければすぐに湿気が溜まってしまったりカビが生えてしまいます。

定期的に陰干しなどをしていれば問題ありませんが、マットレスの裏側をみてみてカビが大量に生えているような場合には買い替えてしまうことをおすすめします。

寝ている時にカビを吸ってしまうとアレルギーになる可能性もあるので注意してください。

寝起きに体が痛くなる

寝起きに腰痛・肩こり・首の痛みなどがある場合には根本的にマットレスが体にあっていない状態です。

このようなマットレスを長期間使っていると、体がそのマットレスに合わせようと背骨が歪んでしまったり姿勢が悪くなったりしてしまう可能性が高いため、自分の体にあっていないマットレスは基本的にすぐに買い替えることをおすすめします。

マットレスの寿命を長持ちさせる秘訣

マットレスは安いとは言えない価格帯のものが多く、3万円程度のものを購入すればできるだけ長く使いたいですよね。

そこで、マットレスの寿命を長持ちさせる秘訣についてご紹介しておきます。

長持ちさせる秘訣
  • 定期的に陰干しする
  • マットレスの向きを変えて圧を分散する

マットレスの寿命を伸ばすお手入れ方法解説図

たったこの2つを行うだけで、マットレスの寿命を1年〜2年程度伸ばすことができるので、1日でも長く清潔にマットレスを使いたい方は絶対に行った方がいいお手入れです!

マットレスを買い替える時は耐久性がよく寿命が長いものを選ぼう

マットレスの寿命は使っている環境によって異なるとご紹介しましたが、基本的に数千円〜3万円程度の安いと分類されるマットレスは5年程度が寿命の目安です。

5年以上マットレスを使いたい方で、さらに価格もそこまで高くないものがいい場合には自分でマットレスの質を見極めるしかありません。

見極めるポイントとしては「復元力が90%以上」「密度が30D以上」が寿命の長いマットレスの目安です。

家具店に足を運んでいちいち調べるのが面倒なのですが、長く使いたければ絶対にここはチェックしておきましょう。

鈴木家が選んだ寿命が長いマットレスはこれ!

当サイト、鈴木家のマットレスの管理人が数々のマットレスを使ってみてヘタリが少なく腰痛や寝起きの辛さを和らげられたおすすめマットレスが2つあります。

1つは「モットン」というマットレスで、ツルッとしていて寝心地がよく高反発なので寝ている姿勢をしっかりと正しくサポートしてくれるマットレスです。モットンは耐久性に優れていて約8年程度は使うことができますし、価格も39,800円なのでとてもコスパが良いおすすめマットレスです。

2つ目におすすめなのが「雲のやすらぎ」というマットレスです。

雲のやすらぎは、敷布団タイプで今まで寝ていた人でこれから高反発マットレスを試したいという方におすすめできる寝心地です。寝心地は少し柔らかめで羊毛の敷布団に近い感じですが、しっかりと高反発マットレス素材が入っているので体が沈みすぎず正しい姿勢で寝ることができます。

価格はモットンと同じで39,800となります。敷布団に慣れている方で厚みのボリュームがあった方が良い方には雲のやすらぎの方がおすすめですが、私はモットンが一番体にあっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です