一人暮らしに適したマットレスの選び方とおすすめポイント

大学や就職、単身赴任など一時的な一人暮らしの場合、定住地でない賃貸のアパートやマンションにベッドを持ち込むのは面倒ですよね。一人暮らし向けの賃貸住宅は、部屋が広くなくベッドを置くと圧迫感が増し、部屋がほぼ占領されてしまうので置きたくないという人も多いと思います。

でもだからといって、敷布団は固くて寝心地が悪い…という人におすすめなのがマットレスです。一人暮らしの人には便利で使い勝手のいいマットレスですが、選び方を間違えるとカビやダニの温床になってしまうこともあります。今回は一人暮らしに適したマットレスの選び方とおすすめポイントをお教えします。

一人暮らしにはベッドよりもマットレスがおすすめな理由

一人暮らしの生活で、ベッドにするか敷布団にするかで悩む人って多いですよね。一人暮らしの部屋は一般的に6畳、広くても8畳くらいのワンルーム、もしくは1Kがほとんどだと思います。そんな部屋にベッドを置くと、まるで寝るためだけの部屋のように感じてしまい嫌だという人も多いかもしれません。だからといって敷布団だと寝心地が悪いという声や床からの冷気で寒いといった声が上がっているのも事実です。

そんなときにおすすめなのがマットレスです。

マットレスがおすすめな理由には、厚みがあって暖かく、寝心地がいいにもかかわらず、普段は折り畳みができて移動に楽ということが挙げられます。来客時に折りたたんで収納可能マットレスの良いところは、折りたたみ出来てコンパクトに収納ができるというところです。

折りたたみができるタイプのマットレスには、厚手のものから薄手のものまでさまざまなものがあります。敷布団のように扱えるため、日中や不要時には折りたたんで収納しておくことができます。

さすがにベッドでは折りたたんで収納というわけにもいかず、来客時のためにベッドを用意しておくとなると普段から部屋をかなり圧迫してしまう邪魔なものになります。そういった点、マットレスは部屋を占領することがないのでとても便利です。普段使いの自分用としての利用はもちろんですが、一つ持っておくと急な来客時や身内が泊まりに来た時などに重宝します。

引っ越し時に移動が楽

一般的にマットレスはベッドフレームと合わせて使用するものです。しかし、ベッドフレームは大きくて、重たく、扱いにくいところが欠点です。
特に引っ越しの際などにはその大きさゆえに、引っ越し費用がかさんでしまったり、運び出すこと、入れることが困難であったりと何かと厄介になってしまいます。

そういった点、マットレスのみの場合はベッドフレームのように重たくないので扱いが楽です。また折りたためるタイプのマットレスであれば、コンパクトになるため移動が楽で、引っ越し費用を抑えることも可能です。

お掃除の時に簡単に移動できる

一人暮らしのベッドといえども、人の体をさせるためにしっかりとした骨組みで作られたベッドは動かすことも大変なものです。ベッドの下はホコリやゴミが溜まりやすく、掃除がしにくい特徴があります。しかし折りたためるタイプのマットレスなら、簡単に移動ができるため、お掃除のときも邪魔になりません。またその手軽さゆえになかなか行いにくかった掃除自体が行いやすくなります。

一人暮らしにおすすめなマットレスの選び方

一人暮らしにはベッドよりもマットレスの方が使い勝手がよく、便利だということが分かりましたが、では一人暮らしをする際にはどのようなマットレスを選ぶのがいいのでしょうか。

一人暮らしにピッタリのマットレスの大前提としてまず外せないのが、折りたためるタイプのマットレスだということです。3つ折りタイプ、2つ折りタイプ、4つ折りタイプのマットレスが市販されていますが、どれも簡単にコンパクトに折りたためるため、一人暮らしの部屋を圧迫せず、移動が楽なのが特徴です。

他にも選ぶ時のポイントとして以下のようなものがあります。

  • 最低4年は使えるもの
  • 軽くて手軽に移動できるもの
  • 処分も簡単なもの
  • 最低4年は使えるものを選ぶ

マットレスの寿命は商品によって、また使用方法によって差はあるものの、一般的には4年から6年程度といわれています。安すぎるマットレスは1年もたずして寝苦しくなってしまうほど、使い心地が悪く、安かろう悪かろうの品がほとんどです。

安いものでも小まめに買い替えればいいと思う人もいるかもしれませんが、寝ている間の睡眠の質が悪いと、体の疲れが取れないばかりか体調悪化や腰痛、肩こりなどの障害を招いてしまう恐れもあります。

またどんなに安いものでも、そう頻繁に買い替えていると結局高くついてしまいます。敷布団にはない寝心地の良さを求めてマットレスを使用するのであれば、やはり最低でも4年は使用できる品質のものを選ぶことをおすすめします。

軽くて手軽に移動できるウレタンマットレスを選ぶ

マットレスには、バネを使ってできているスプリングマットレス、ゴムを使ってできているラテックスマットレス、ウレタンを使ったウレタンマットレスなど様々な種類のものがあります。

様々な種類のマットレスの中で一人暮らしに向いているマットレスがウレタンマットレスです。ウレタンマットレスは、高反発ウレタンマットレスと低反発ウレタンマットレスの2つに分類することができます。

低反発ウレタンマットレスは、体を包み込むような独特の寝心地が特徴のマットレスで、力を加えると加えた力の圧に合わせて沈み込み、力を放すとゆっくりともとの形に戻っていくというものです。

それとは対照的に高反発ウレタンマットレスは、力を加えても沈み込みが浅く、しっかりとした弾力で体を支えてくれる特徴のマットレスです。これらのウレタンマットレスはスプリングマットレスなどと違い、適度な大きさでコンパクトにまとめることができるため、折りたたみのマットレスとして、また丸めることができるマットレスとして扱われています。

低反発ウレタンマットレスは重量があるため、重くなりがちですが、高反発ウレタンマットレスはスポンジなどに似た素材なため、軽く扱いやすいものが多く出回っています。一人暮らしの狭い部屋で、手軽に移動出来て扱いやすいものを選ぶのであれば、高反発のウレタンマットレスがおすすめです。

ウレタンマットレスなら処分も比較的簡単

一般的にマットレスは大型の粗大ゴミとして扱っている自治体が多く、不要になった場合に処分が大変です。粗大ゴミ扱いのマットレスは、各自治体で行っている粗大ゴミ回収の予定日に依頼をして有料でマットレスを引き取ってもらうか、自治体が定める粗大ゴミ場まで自分で持って行って有料で処分しなくてはいけません。

車を持っている場合や粗大ゴミの日まで大きなマットレスを置いておける場所がある場合には、自治体の定める処理の方法でいいかもしれませんが、一人暮らしの場合にはなかなかそうもいかないことが多いのではないでしょうか。高反発ウレタンマットレス、もしくは低反発ウレタンマットレスの場合なら、裏技的なゴミ捨てができるので、比較的簡単に処分することができます。

その方法は、ご自身でマットレスを細かく切り、ゴミ出しの日に一般ゴミとして捨てる方法です。

ウレタンマットレスは金属入りのスプリングマットレスなどと違い、ハサミで切ることが可能です。ハサミで細かく切って、ゴミ袋に入れて一般のゴミとして捨てれば一人暮らしであっても簡単に処分することができます。基本的にウレタンは可燃ごみ扱いになりますが、自治体によっては燃えないゴミ扱いのところもあるので、捨てる前に一度確認してください。

またハサミがしんどいという人には、絨毯用のノコギリがホームセンターで売られています。こちらを使うともっと簡単に細かく切ることができます。

直置きは微妙!すのこや除湿パッドでカビと湿気を対策

扱いやすく、コンパクトにでき、移動も楽な一人暮らしにおすすめのウレタンマットレスですが、一つだけ欠点があります。これはウレタンマットレスに限った話ではなく全てのマットレスに共通する話ですが、マットレスをフローリングに直置きにする場合には、湿気やカビに十分気を付けなければなりません。

人は寝ている間におよそコップ1杯分の汗をかくといわれています。その汗がマットレスに浸み、本来なら下からある程度抜けていきますが、フローリングにマットレスを直置きすると、汗の逃げ場がなくなりマットレスがカビてしまいます。だからといってベッドフレームは一人暮らしの部屋になかなか置けるものではありません。

そんな時におすすめなのがすのこや除湿パットを使った対策方法です。すのこはホームセンターなどで簡単に、安く手に入れることができる通気アイテムです。大きさも様々で、すのこをマットレスの下に敷くだけで湿気が溜まりにくくなるのでお勧めです。

また備長炭などを織り込んで作られた除湿パットも干して繰り返し使うことができるのでお勧めです。除湿アイテムを活用しながら一人暮らしの快適な睡眠を手に入れてください。