マットレストッパーは高反発と低反発どっちがいい?【おすすめランキング掲載】

「マットレスが凹んできた」「マットレスを長く愛用したい」そんな時におすすめなのがマットレストッパーです。

マットレストッパーは使い方ひとつでマットレスを長持ちさせることができ、また今までとは違った眠りを簡単に手に入れることができるおすすめのアイテムです。

とはいえまだまだ知らない人も多く、またマットレストッパーも種類によって寝心地が大きく異なるため、一概に魅力が広がらないのも事実です。

そこでここではマットレストッパーについてご紹介し、どういうマットレストッパーがおすすめなのかをランキング形式でご紹介しましょう。

マットレストッパーの役割

マットレストッパーはマットレスの上に敷いて、これまでの寝心地とは違う寝心地を手軽に得ることができる薄いマットレスのことを言います。

類似品として扱われるものに、ベッドパットや敷パッドなどがありますが、マットレスパットはこれらよりも厚手なものが多く、ベッドパットや敷パッドが肌触りを追求した汗などを吸収する洗濯できるものなのに対し、マットレストッパーは寝心地に直結するもので洗濯できないものが多い特徴があります。

マットレスは10㎝から25㎝程度の厚さの重くて持ち運びしにくい高価なものですが、マットレストッパーは3㎝から8㎝程度の厚さの扱いやすいもので、値段もマットレスの半分以下から3分の2程度の価格で流通しているものです。

マットレスがヘタって来たときに使用したり、求める寝心地が変わった時などに簡単にプラスして使用したりすることができるのがマットレストッパーの魅力です。

マットレストッパーとマットレスの違い

単体で使うことを基本としていないマットレストッパーは構造上の違いだけでなく、使用の目的などもマットレスとは大きく異なります。

マットレスは厚みが11cm以上のものが多く、基本的にはベッドフレームの上に置いて使ったり、フローリングや畳に直接敷いて使用したりするものです。

快適な睡眠を提供するため、スプリングを使用したり、様々な素材のマットレスを何層にも重ねたりしています。洗濯することを前提としておらず、扱いにくく、ものによっては湿気がこもりやすく、カビやダニの温床になってしまうものもあります。

一方マットレストッパーはマットレスよりも厚みが薄く、基本的に敷布団やベッドマットレスに重ねて使うものです。単体では快適な睡眠を実現することは難しいものの、今使用している寝具と合わせて使用することで、足りない寝心地を簡単にプラスすることができます。

また重ねて使うのが前提のため、湿気に配慮したものが多く、ものによっては洗濯することも可能です。

マットレストッパーの選び方

マットレストッパーは単体では快適な眠りを提供できないものの、お手持ちの寝具と合わせて使用することで快適な眠りを実現することができるアイテムです。

メーカーによって寝心地は大きく異なり、合わせる寝具によっても選ぶポイントは変わってきます。

失敗しないマットレストッパー選びを行うためにも、マットレストッパーでよくチェックしておくべきポイントをいくつかご紹介しましょう。

マットレストッパーは通気性の良いものを選ぼう

マットレストッパーはマットレスに足りないものを簡単に補うことができるアイテムです。重くて扱いにくいマットレスの一番の欠点ポイントは、通気性が悪く、洗濯できないという点です。

そこで通気性の良いマットレストッパーを選ぶと、体から出る寝汗などをマットレストッパーがしっかりと吸収してくれ、放出してくれたり、洗濯したりすることができるので、マットレスのデメリットをカバーできるようになります。

マットレストッパーに通気性の悪いものを選ぶと、マットレス自体が通気性に優れないため湿気を放出することができなくなってしまい、カビやダニが発生しやすくなってしまいます。

マットレストッパーの手軽に利用できる最大のメリットを活用するためにも、通気性の良いものを選ぶことはとても大切なポイントです。

マットレストッパーの厚みは3cm以上がおすすめ

手軽に利用できるマットレストッパーですが、眠りの質を変えたり、マットレストッパーならではのメリットを最大限に活かしたりするためには、マットレストッパーの厚みが3㎝以上あるものを選ぶことが大切です。

3㎝以下の厚みのマットレストッパーは、眠りの質を変えるほどの力がなく、ものによっては敷パッドやベッドパッドなどと区別がつかないものもあります。また薄手すぎた場合、敷パッドなどのように四隅に固定のゴム紐などがついていないとズレることがあります。

マットレストッパーはあくまでも睡眠の質をよくするためのもので、マットレスの役割を担っているものです。その役割を果たせるだけの厚みのあるものを選ぶようにしましょう。

マットレストッパーは高反発と低反発どちらがおすすめ?

ウレタンやラテックスなど様々な素材で作られているマットレストッパーですが、やはり種類として多いのは高反発や低反発などで知られるウレタン素材です。

なんとも独特な触感の低反発は、体へのフィット感が高く包み込むような感覚が良いと人気の素材です。一方で高反発もしっかりと寝返りが打てる、腰への負担が少ないと人気です。

この二つでどちらがおすすめのマットレストッパーかといわれれば、個人の感想ですが、高反発の方が断然おすすめです。

これまで低反発を3年ほど利用した経験がありますが、マットレスなどの厚みのある低反発のものとは違い、薄手のマットレストッパーではどうしても寝ている部分が凹んでしまい、底付きが気になるようになってきます。

またへたりも早く寝姿勢のバランスが崩れる可能性があるのであまりおすすめできません。

薄手のマットレストッパーは耐久性がどうしても弱いため、状態が変化しやすい低反発では品質がすぐに落ちてしまいます。もともと耐久性の強い高反発であれば、薄手のマットレストッパーであっても品質が変わりにくく、快適な睡眠を維持しやすいのでおすすめです。

マットレストッパーおすすめランキング

それでは具体的にどのメーカーのどういうマットレストッパーがおすすめなのかをランキング形式でご紹介したいと思います。
ぜひマットレストッパー選びの参考にしてみてください。

第1位 エムリリー 優反発トッパータイプ5cm

エムリリートッパーマットレス5cm

デンマーク生まれで、サッカーの有名クラブ「マンチェスター・ユナイテッド」の公式寝具スポンサーとしても知られているのがエムリリーです。そのエムリリーの寝具の中でも新素材として世界各国で人気を集めているのが、優反発トッパータイプ5㎝です。

新素材のスマートフォーム(優反発)は、独自の製法で生まれた低反発でも高反発でもない、次世代ウレタンフォームです。マシュマロのような柔らかさと、人肌のぬくもりのような優しい感触が特徴で、ちょうどいい弾力性が正しい寝姿勢をキープしてくれます。

国内検査機関での圧縮テストで、復元率99.5%という国内トップレベルの復元率を実証していて、耐久性に関しても優れています。

また通気性の高いエアスルー構造の優反発は、いくつもの空気穴が開いた構造に、気泡同士がつながり空気がスムーズに動くオープンセル構造になっています。

さらに湿気対策に吸湿、消臭効果のある竹炭を配合しているため、安定した湿度で、常に快適な眠りに就くことができます。

第2位 エアウィーヴ スマート025

エアウェーヴスマート025
出典:airweave

マットレスで人気のエアウィーヴが手掛けているのが、エアファイバーを2.5㎝で使ったエアウィーヴスマート025です。高級寝具として有名なエアウィーヴをお手頃価格で入手できるとあってその評判は上々です。

エアウィーヴにも使用されている独自セルのエアファイバーを使用したマットレストッパーは、復元力が高く、睡眠時の寝返りを楽にサポートしてくれます。体圧分散力に優れ、エアウィーヴが提供する快眠性能がこの一枚で実現されています。

さらにエアファイバーを使ったマットレストッパーは、通気性に非常に優れ、丸洗いもできるので常に清潔に利用することができます。

第3位 オクタスプリングトッパー

オクタスプリングトッパーマットレス
抜群の弾力性と通気性を持つ3Dウレタンスプリングを採用した、従来のマットレスにない独特の感触が人気のマットレスとして知られているオクタスプリングトッパー。

マットレストッパーとしての使用はもちろん、フローリングの上、畳の上、敷布団の上など場所を選ばず単体でも利用できるマットレスとしても人気の商品です。

ハチの巣状のハニカム構造になったウレタンスプリングは、これまでにない発想で作られたもので、体の形状に合わせてどんな体勢でもフィットし、しっかりと体をサポートしてくれます。

またウレタンをスプリングにしたことで、低反発の体へのフィット感と高反発の高いサポート力の両方の長所を兼ね備えることができました。

さらにハチの巣状のハニカム構造のウレタンスプリングにしたことで、これまでウレタンの最大の弱点といわれていた通気性の悪さも克服。オクタスプリングトッパーは高い通気性を持ち、常に空気が流動するAIRフロー効果を実現しています。

最適な睡眠実現のために開発されたオクタスプリングトッパーは、睡眠の質を改善するのに十分な役割を持つマットレストッパーです。

マットレストッパーの使い方

マットレストッパーはその名の通り、マットレスの上に敷いて使用するものですが、最近では様々な使い方ができるマットレストッパーが一般的です。

もちろん基本は重ねての使用ですが、使い方によっては耐久性をアップさせることも可能なので、その方法を詳しく見ていきましょう。

敷布団と重ねる場合

マットレストッパーは敷布団と重ねて使用することが可能です。日本ではベッドよりも敷布団派が多く、使用しないときは畳んで片づけておけるというメリットからも敷布団は人気です。

しかし、マットレストッパーはやはりマットレスに重ねて使用するために開発されたものなので、ものによっては敷布団と相性の悪いものもあります。

敷布団は基本的に中芯に中綿といった構造で作られているものがほとんどです。また古いタイプの敷布団では、中綿だけで作られているものもあります。

高機能な敷布団は少なく、3㎝~5㎝程度の厚みのものが一般的です。

敷布団の上にマットレストッパーを敷いて使用する際は、敷布団が直接畳やフローリングに触れていると湿気がこもりやすくなり、マットレストッパーに響くようになるので、すのこなどを敷いて使用することをおすすめします。

また、敷布団は畳んで片づけるのを前提に作られているものですが、マットレストッパーによっては折り曲げる箇所がへたり安くなるので、やわらかく畳むようにし、押し入れの一番上に置くようにしましょう。

ベッドマットレスと重ねる場合

ベッドマットレスとマットレストッパーは本来相性の良いものです。マットレスの上にマットレストッパーを敷いて使用すればいいだけで、敷布団のように畳んで片づける必要もないので、特に注意すべき点はありません。

しかし、マットレスの素材によっては通気性が悪く、マットレストッパーとの接地面に湿気がたまり、カビが発生してしまうことがあるので、素材を考える必要はあります。

またマットレスが柔らかすぎる場合や硬すぎる場合で、同じマットレストッパーであっても寝心地は変わってくるので、マットレスを考慮したマットレストッパーを選ぶ必要があります。

1枚敷きでは使えない

マットレストッパーは基本的には単体で使用することを前提に作られているものではありません。ものによっては単体遣いも可能という商品もありますが、そもそも厚みが5㎝~8㎝程度なので、体の沈み込みを考えれば単体遣いはあまりおすすめできるものではありません。

あくまでもマットレストッパーは下に敷いてあるマットレスや敷布団に機能をプラスするだけの商品です。

単体で使用することを考えるなら、やはりしっかりしたマットレスや敷布団がおすすめです。

マットレストッパーQ&A

マットレストッパーについて小尾まで詳しくご紹介しましたが、まだまだ分からないこともたくさんありますよね。知れば知るほど疑問に思うことも出てくるかもしれません。

最後にマットレストッパーについてのよくある質問をQ&A形式でご紹介したいと思います。

マットレストッパーの寿命はどのくらい?

短いもので2、3年、長いものでも5~8年ぐらいです。

マットレストッパーの種類やメーカー、使い方にもよりますが、短いもので2、3年、長いものでも5~8年ぐらいです。

やはり薄手のもののため、弾力性が損なわれて使用できなくなるケースが多くなります。

マットレストッパーがずれる時の対処法は?

滑り止めマットやゴムを利用してずズレを防ぎましょう。

マットレストッパーは敷パッドなどに比べると分厚く重いため、ズレにくいものですが寝相などによってはどうしてもずれてしまうことがあります。

どうしてもずれてしまう場合は、滑り止めマットを利用したり、マットレストッパーの四隅をゴムなどで固定したりして使用するとズレを防げます。
また市販の商品にもズレ防止フックやズレないシートなどのズレ防止商品があります。
ほかにもマットレスとマットレストッパーの間にバスタオルを敷く方法や、マットレストッパーの上からマットレスごとボックスシーツで覆う方法などもあるので試して自分に合う方法を探してみることをおすすめします。

マットレストッパーって必要あるの?

マットレストッパーは必ず必要なものではありません。

しかし、マットレストッパーを上手に活用することで、腰痛、肩こりの改善や寝起きの痛さ軽減を行える機能的な商品です。またマットレス自体が非常に高額なもののため、もっと手軽に機能寝具を手に入れたいという人にもおすすめのアイテムです。

今使用している敷布団やベッドマットレスがしっくりこない場合やヘタって来た時にも、上手にマットレストッパーを活用していただくことで簡単に睡眠の質を向上させることに繋がります。