マットレスのカビ対策や取り方【専門クリーニング業者もあり】

マットレスの汚れはダニや埃だけなんて思っていませんか。

実は意外と見落としがちなのがカビで、カビは一度発生するとダニや埃よりも厄介で、状態によってはマットレスが使用できなくなることもあるとても恐ろしいものなんです。

そこでここではマットレスのカビ対策やカビ取り方法について詳しく解説していきます。

マットレスのカビ対策(防止)方法

カビは一度発生すると簡単には落とすことができない危険なものです。そのためいかにカビを発生させないかがとても大切になってきます。

まず、カビを発生させないための防止方法について考えていきましょう。

すのこ

すのこベッド

マットレスにカビが発生する大きな要因は湿気です。

マットレスを床に直で敷いて使っていると、床とマットレスの間に湿気が溜まり、やがてカビが発生するようになります。

床とマットレスの接地面は通気性がほとんどないため、すのこなどを使ってマットレスと床の間に空間を作ってやることで湿気解消につながります。

天日干し/陰干し/壁に立てかける

布団を欲している様子
マットレスはその性質上、どうしても湿気が溜まってしまいやすい構造です。特に厚みのあるウレタンのような素材のマットレスは、マットレス内部に湿気が溜まってしまいがちです。

濡れた洗濯物でもそうですが、湿気を取り除くには内部にたまった水分を放出することが必要です。

マットレスを天日干しや陰干ししたり、壁に立てかけたりして、通気性をあげてやり、内部にたまった水分を放出することがカビ予防につながります。

除湿シート

なかなかマットレスを干したり、すのこを使って通気性をあげたりできない場合には除湿シートがおすすめのカビ予防策です。

除湿シートはマットレスの下に敷いて使うもので、マットレスが放出する湿気を吸い取ってくれる優れたアイテムです。

除湿シートは湿気をたくさん吸い取っても、洗って干せばまた使うことができるのでとってもエコです。

布団乾燥機

布団乾燥機
使用できるマットレスの素材は限られますが、使えるなら布団乾燥機もカビ予防使えるアイテムです。

ただし、乾燥機とはいいつつも、布団乾燥機などは熱風を使って布団の中にたまった湿気を外に放出するものなので、マットレスを床に直に敷いた状態で布団乾燥機を使用しても、結局は湿気が床にたまってしまい、床とマットレスの接地面が濡れたような状態になってしまいます。

使用する場所や方法などをよく確認しながら布団乾燥機は使用するようにしましょう。

マットレスを裏返す

マットレスのカビ対策にもマットレスの寿命を延ばすにも効果があるのが、マットレスを裏返して使う方法です。

湿気や水分は下にたまる性質があり、常に同じ面を使用していると床に近い方にいつも湿気が溜まってしまいます。

それを定期的に裏返すことによりマットレス内部の湿気が一部にたまらなくなり、カビが発生しにくくなります。

両面使用できるタイプのマットレスを使っている場合には、日干しや陰干し後、マットレスを裏返して使うことをおすすめします。

除湿器を使う

布団のカビを除湿機で対策
日本は高温多湿な国で、カビにとっては最高に生活しやすい環境です。そこでマットレスのカビ予防にも家の中のカビ予防にもおすすめなのが、除湿器を使う方法です。

除湿専用の機械でなくても、エアコンのドライモードや除湿モードでも大丈夫です。家の中全体の湿度を下げることで、マットレスの湿気も放出され、カビが発生しにくくなります。

特にワンルームの家や寝室と浴室、キッチンなどが近い家の場合は、湿気が溜まりやすく、マットレスにカビが発生しやすくなるので、除湿器を普段から使って湿度管理を行うといいでしょう。

マットレスにカビが生えてしまう
逆効果なお手入れ

マットレスのカビ予防には湿気をいかに取り除くかが非常に重要なカギです。マットレスの湿度を下げるには、マットレスの通気性をあげ、中の湿気を放出しなければなりません。

そのためには天日干しや日陰干しが最も効果的ですが、陰干しについては注意すべきポイントもあります。

ウレタンなどの素材のマットレスは陰干しすることが原則とされています。陰干しは直射日光のあたらない涼しい日陰で干すことです。

それを勘違いして、夜干ししてしまっていないでしょうか。湿度は日中に低くなり、夜に高くなるものです。

布団の干す時間解説図

特に明け方の5時くらいが湿度のピークで、日が昇るにつれて湿度はどんどん低くなり、14時ごろに最低湿度に達します。

夜干しするとマットレスは湿度を目いっぱい吸収してしまい、返ってカビ易くなってしまいます。陰干しは必ず日中行うようにし、夜干しは行わないようにしましょう。

マットレスに生えたカビを
自分で取る(落とす)方法

マットレスにカビが発生しても、マットレスを必ず買い替えなきゃいけないというわけではありません。

正しいやり方で早期にカビ除去を行うことができれば、マットレスはまたこれまでと同じように使うことができます。

ここではマットレスに生えたカビを自宅で落とす方法を2つご紹介します。

エタノールスプレーで
カビを落とす方法

消毒用エタノールでスプレーを作る

安全でなおかつマットレスを傷めたり偏食させたりせずにカビを取る定番の方法がエタノールを使ったやり方です。

エタノールは消毒用のものを使うので、薬局などで簡単に手に入ります。週に1回や2週間に1回など定期的に掃除に使用すると予防にもなります。

準備するもの/カビ取りの手順

  • 消毒用エタノール
  • スプレーボトル
  • ぬるま湯で絞ったタオル
STEP.1
スプレーボトルにエタノール入れる
消毒用のエタノールをスプレーボトルに詰め替えます。消毒用エタノールはドラッグストア、スプレーボトルは100円均一などで売っています。
STEP.2
カビにスプレーする
カビが発生している場所にスプレーを吹きかけます。カビがひどい場合にはしっ
かり吹きかけましょう。
STEP.3
時間を置く
45分~1時間ほどそのままの状態で置いておきましょう。
STEP.4
タオルでカビを取り除く
ぬるま湯で軽く絞ったタオルで叩きうつすようにカビを取り除いていきます。カ
ビがしつこい場合には、Step.2をもう一度行います。
STEP.5
しっかりと乾燥させる
カビが取り除けたら、しっかりと乾かします。天日干し可能なマットレスであれば天日干し、マットレスを壁に立てかけて扇風機などでしっかり乾燥させましょう。

カビソフト除去スプレーで
カビを落とす方法

カビソフトスプレーのイメージ

マットレスのカビを落とすなら市販されているカビソフト除去スプレーがおすすめです。

塩素系のカビスプレーなどと違い、カビソフト除去スプレーはマットレスの色落ちや痛みの原因になりにくく、また人体にも優しいものです。

いろいろなメーカーから販売されているので、マットレスの素材に合わせて使い分けるといいでしょう。

準備するもの/カビ取りの手順

  • 市販のカビソフト除去スプレー
  • 乾いたタオル
  1. Step.1
    カビが発生している場所にスプレーを吹きかけます。
  2. Step.2
    20~30分ほどそのままの状態で置いておく
  3. Step.3
    乾いたタオルでスプレー液をふき取る(カビが残っているようならさらにStep.1を行います。
  4. Step.4
    マットレスをよく乾かす

マットレスのカビを
クリーニング専門業者に依頼する

マットレスクリーニングの専門業者

マットレスのカビがひどい場合や自分で落とせない場合には専門の業者にクリーニングを依頼します。

専門のクリーニング業者ならカビ汚れはもちろん、ダニや汗、おねしょ汚れなどもきれいにしてくれるので、使うメリット大です。

クリーニング専門業者の中には出張でマットレスをクリーニングしてくれるところもあり、運ぶ手間や送料も心配ありません。

「くらしのマーケット」というサイトを使うと家から近い出張クリーニング専門業者を簡単に探せます。口コミや評判、価格比較なども行えるので、ぜひ使ってみてください。

クリーニング専門業者の作業内容

マットレスをクリーニング専門業者でクリーニングしてもらうと、驚くほど汚れが落ち、新品のようになります。

作業内容は大体どこの業者も基本は同じで、オプションで工程が増えたり、使用する薬剤が変わったり、防カビ加工などを行ってくれます。

共通作業内容

STEP.1
マットレスのほこり除去
ダニの死骸や糞、フケ、埃などの表面に付着した汚れを専用の掃除機を使って吸引していきます。
STEP.2
バキュームまたはリンサーでの洗浄・汚水吸収
専用のバキューム機やリンサーを使って、マットレスの汚れを取り除いていきます。洗浄には専用の洗剤を使用するほか、業者によって異なりますが温水や電解水などを使用して汚れを溶かしだし、水分を残すことなくしっかり吸引していきます。この時吸い上げられる汚水はマットに蓄積した汚れで、場合によっては真っ黒のこともあります。
STEP.3
簡易乾燥
洗浄終了後は専用の乾燥機を使ってしっかり感想を行っていきます。乾燥には時間がかかり、数時間必要なこともあります。

マットレスのカビクリーニング
料金相場

マットレスのカビクリーニングでやはり気になるのがクリーニングの料金相場です。あまりにも高い金額だとマットレスを買い替えた方が安くつくこともあり、誰もが慎重になるポイントです。

そこで、くらしのマーケットの情報をもとにマットレスのカビクリーニングの料金相場を一覧にしてみました。参考にしてみてください。

サイズ 料金相場
シングル 9,000円~12,000円
セミダブル・ダブル 12,000円~15,000円
クイーン・キング 15,000円~20,000円
ベビー・キッズ 7,000円~10,000円
マットレスのカビ取り
【まとめ】

マットレスのカビ対策、いかがでしたか?この記事を3行でまとめると、

  • カビは予防が一番重要
  • 生えてしまったカビは自分で掃除できる
  • お金はかかるけど確実で楽なのは業者に頼む方法

清潔で快適な睡眠を実現するためにもカビ対策をぜひ取り入れてみてください!

何かご質問やご意見ありましたら下記コメント欄に気軽に書き込んでください^^

質問・相談
待ってます!

【質問・相談】受付中!

メールアドレスは公開されません。ニックネームは公開されます。* の項目は必須項目となります。


管理人「鈴木」が24時間以内に返信するのでお気軽にご意見やご質問ください^^