体圧分散マットレスで寝起きの腰痛を和らげよう

寝起きの腰痛がマットレスが原因で引き起こされている場合には、体圧分散できるマットレスを使うことで和らげることが可能になります。

体圧分散できるマットレスとは、マットレスの上に寝た時に特定の部分だけに負荷がかからず体全体に体重を分散してバランスよく、姿勢正しく寝れるマットレスのことです。

このページでは体圧分散とはそもそも何か?や体圧分散性に優れたマットレスの選び方についてご紹介しています。

体圧分散とは?マットレスとの関係性

体圧分散とは読んで字のごとく、体の圧を分散することを意味しています。

では体圧分散とマットレスはどのような関係があるのか?それは、床の上に仰向けに寝転がってみると関係性が見えてきます。

私たち人間の体は、後頭部・背中・お尻が出っ張っている姿勢ですので床に仰向けに寝転がると後頭部・背中・お尻に体重が多く乗っかっているのがわかります。

この状態で長時間寝ていると、首回り・背中・お尻(腰まわり)に大きな負担がかかり痛みを感じるようになります。それを防ぐために寝ている間でも自然と寝返りをうち、横を向いたりうつ伏せになってみたりして体重の負荷がかかる部分を気づかないうちに変えているんです。

しかし、マットレスが硬すぎるような場合にはどんなに寝返りをしても体の出っ張っている部分に圧がかかり血流が悪くなりしびれや寝起きの痛みにつながってしまいます。

また、柔らかすぎるマットレスの場合には体が沈んでしまい寝ている間に自然な寝返りを打てなくなってしまうので腰回りや背中の痛み、首や肩こりがひどくなってしまう可能性もあります。

このようなことから、寝起きの腰痛や首・肩こりなどを和らげてすっきりと熟睡するためには自分の体に合っている硬さのマットレス+体圧分散できるマットレスを使う必要があります。

敷布団とマットレスはどちらが体圧分散できるの?

寝具を選ぶ時に悩むポイントは敷布団とマットレスどちらを購入するべきか?という悩みです。

結論から言うと、マットレスの方がおすすめです。マットレスにも数種類ありますが、その中でも一番おすすめできるのが高反発マットレスです。

敷布団も寝心地が柔らかく気持ちいいのですが、基本的に中に布団の中に詰められている詰め物は綿か羊毛のどちらかです。

この素材は柔らかくて寝心地こそいいものの、反発性がとても弱く仰向けに寝転がった時にお尻部分や背中部分が深く沈んでしまい自然な寝返りをすることが難しくなってしまうんです。

しかし、高反発マットレスの場合には反発力が強いため体を均等に支えて自然な寝返りをサポートしてくれます。

腰痛や寝起きの体の辛さに悩んでいる場合には、敷布団よりも高反発マットレスを使った方が寝起きを快適に、寝起きのストレスを軽減して気持ちよく起床することが可能になります。

高反発と低反発はどちらが体圧分散に優れている?

マットレスの方が体圧分散性に優れていることはわかったけど、高反発マットレスと低反発マットレスどちらがいいの?と悩む方も多くなっています。

これは、一概にどちらの方が良いと決めることができません。

あなたの体重や筋肉量などによってどちらを使うべきか変わってくるからです。

20代〜50代の一般的体型な男女の場合には高反発マットレスがおすすめと自信を持って言うことができますが、一般的な体重よりも軽い方や筋肉量が著しく少ない方の場合には高反発マットレスはおすすめできません。

体重が45kg以下で、なおかつ筋肉量がくすなくかなり細身な体型な方の場合には高反発マットレスでは硬すぎる寝心地で体が反った状態になってしまうことが考えられるので、細身で筋肉量が少ない方は柔らかく体圧分散できる低反発マットレスがおすすめです。

体圧分散マットレスで腰痛/褥瘡を和らげられるのか?

体圧分散マットレスは、もともと老人や寝たきりの方、体の一部が出っ張っているような障害があるような方のことを考えて作られた商品でもあります。

老人や寝たきりの方は寝返りを自分ですることが困難なためマットレスと体が面している部分が褥瘡(じょくそう)や床ずれになりやくなります。

そのためできるだけ特定部分に体の体重がかかり過ぎないように褥瘡になってしまうのをできるだけ和らげるために開発されたのが体圧分散マットレスです。褥瘡を和らげる目的で体圧分散マットレスを使いたい方はこちら「褥瘡(じょくそう)を防ぐために一番大切な体圧管理」が参考になります。

そして、近年老人や寝たきりの方ではなく、腰痛に悩む方専門に開発されているのが、腰痛対策高反発マットレスです。

色々なメーカーから腰痛を和らげるとマットレスが販売され今では数多くの種類が販売されています。芸能人やスポーツ選手を起用した宣伝も行われるなど腰痛大国と言われる日本ではとても人気が出てきているマットレスでもあります。

慢性的な腰痛を根本的に治すことはできませんが、体圧分散マットレスを使えば、寝起きのピキピキとして上を向いて起き上がれないレベルの腰痛を和らげることはできます。

体圧分散を意識するならシングルサイズのマットレスを選ぼう

体圧分散性を意識してマットレスを購入するような場合には、絶対にシングルサイズのマットレスがおすすめです。

夫婦で仲良く隣で寝たい気持ちもわかりますが、腰痛を和らげる目的であったり寝ている姿勢を正しく保ちたいことが理由で体圧分散マットレスを使うならなおさらシングルサイズがおすすめです。

私の経験談ですが、妻と二人で寝起きの腰痛を改善しようとダブルサイズの体圧分散高反発マットレスを購入しました。

しかし、妻と私の体重差があり妻に適した硬さと私に適したマットレスの硬さが違かったので、私はとても寝心地がよく寝起きの腰痛も解消されてきていたのですが、妻は逆に腰痛が悪化してしまうと言う事態になりました。

マットレスは体重によって使うべき硬さが異なってくるので、できれば自分専用の自分の体重にあっている硬さの体圧分散マットレスを購入することをおすすめしたいです。

体圧分散できるおすすめマットレス

私が実際に使ってみて、コレは本当によかった!家族にもおすすめしたい。と思えたマットレスを3つご紹介します。それぞれ特徴や寝心地が少し違うので自分に合いそうなマットレスを見つけてぜひ使ってみてください!

モットン

モットンは腰痛対策専門に開発されたマットレスです。実際に使った方のデーターをとり、体圧分散性に優れているか実験してデーターを取得しています。

さらに、体重にしっかりと合っている硬さのものを選べるように100n/140n/170nの3種類から選ぶことができるため自分に合っている硬さのマットレスを購入できます。

今まで使ってきた高反発マットレスの中でイチオシできる寝心地でした。寝起きもすっきりとストレスなく起きることができています。

雲のやすらぎ

雲のやすらぎは、、高反発マットレスと敷布団が合体したような作りになっている敷布団マットレスです。

高反発マットレスが中間層にあり、表面は質の高い羊毛が詰められています。

表面は羊毛なので寝心地は敷布団に近いのですが、中に高反発マットレスが入っているので体圧分散性にも優れています。しかし、体重が70kg以上ある方が使うと少し少し沈みが深いように感じるのでどちらかと言うと女性におすすめな敷布団マットレスです。

エアウィーヴ

エアウィーヴはスポーツ選手の浅田真央さんや大谷翔平選手が宣伝していたマットレスです。

厚みがとても薄いのが特徴で、1枚で使うと言うよりも敷布団の上に敷いたり、ベットマットレスの上に重ねて使うのタイプの高反発マットレスです。

反発力があり寝心地はいいのですが、薄いタイプのマットレスなので筋肉量が多いアマチュアアスリート向けの商品だと感じました。

一般体型の人には少し厚みが薄すぎて寝心地が安定しない感じがしたので、今現在スポーツをしていて腰痛などに悩んでいる人におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です