【おすすめマットレス】5万円以下でコスパよし!鈴木家が激選しました

快適な寝心地を求めて、今まで数々のマットレスを購入して実際に寝てみたり、店舗に足を運んで体験したからこそわかる「本当におすすめできるコスパの良いマットレス」をご紹介します!

マットレス選びって実はとっても難しくて、ニトリやイケアなどの家具店に行って実際に寝てみてもイマイチどれがいいのかわからないんですよね。

しかも、店員さんに聞いてもどの店員さんも同じようなことをおっしゃっていて、機能性が良いとか腰痛にいいですよ〜とかみんな口を揃えて同じことをいうので余計に悩んでしまうという・・・。

そこで、鈴木家では「人気マットレスを店舗で体験&購入して試してみる」ことで本当に寝心地がよくて、寝起きに背中や腰が辛くないマットレスを探し求めました。

鈴木家が納得できたマットレスを探すまでに疑問に思ったことや、悩んだ部分についてもご紹介するのでマットレス選びを失敗したくない方は読んでみてください。

MEMO
ちなみに、マットレスには色々な種類がありますが5万円以下で購入できて寝ている姿勢を正しく保ち、なおかつ寿命が長く耐久性が良いものはウレタンマットレスの一択です!

マットレスの種類について知りたい方は「マットレスの種類を比較」を先に読んでみてください。

マットレスは低反発と高反発どっちがおすすめ?

高反発と低反発の比較画像

寝ている姿勢を正しく保ち、腰痛対策も期待でき、価格が5万円以下のコスパ最強マットレスは「ウレタンマットレス」ですが、ウレタンマットレスにも「高反発」と「低反発」の2種類があります。

低反発・高反発マットレスの違い」でも詳しく解説していますが、腰痛対策や寝ている姿勢を正しく保ちたい場合には高反発マットレス一択だという結論に至りました。

もちろんそれぞれ好みがありますから一概にも言えないのですが、低反発マットレスの素材はとても柔らかく基本的に衝撃を吸収してくれる役割をしているので、同じ部分に一定の圧がかかると徐々に沈んでいくんです。


人間の体は仰向けに寝るとお尻が出っ張っているのでお尻部分だけに多く圧がかかってしまいます。低反発マットレスは長時間同じ体制で寝ているとお尻や腰、背中に圧がかかり沈んでしまい負荷がかかってしまうことが多くなってしまいます

しかし、高反発マットレスは圧がかかると適度に沈んで体の圧を体圧分散させながら、お尻や腰が沈みすぎて負荷がかからないように反発するため体全体でバランスよく体重の圧を支えられるように作られています

高反発マットレスの方が少し硬さがありますが、腰痛や背中の痛み、体の疲れが取れにくいと言った場合には低反発マットではなく高反発マットレスをおすすめします

鈴木家がマットレス選びで重視したポイント

おすすめマットレス選びの重要ポイントまとめ

    • 寝起きの腰痛・背中の痛みを軽減

寝起きの体の痛みを軽減するには体圧分散性の高いマットレスを使う必要があります。体圧分散に優れたマットレスを激選しました。

    • 寝返りを自然にできて疲れを癒す

自然に寝返りできるマットレスこそ体の疲れを癒します。

    • 日本人の体に合っている

日本人の体に合っている硬さがあります。日本人の体に合わせて作られているマットレスだけを掲載しています。

    • 5年以上ヘタらたず使える

質の良いマットレスはお手入れをすれば5年以上使ってもすぐにヘタりません。質の高いマットレスを激選しました。

    • 価格が良心的でコスパが良い

無駄に高いものではなく、できるだけリーズナブルで質の高いものを選びました。

実際に店舗に行ってマットレスを試してみたり、購入して数ヶ月間試してみたりお金と時間を使って検証してみた結果、自分の家族にもおすすめできるマットレスをやっと見つけることができました。

マットレスは人それぞれ自分に合ったものが一番なのですが、イマイチどれがいいのかわからないじゃないですか・・・。でも、今回私が買ってよかったおすすめのマットレスは、日本人の体に合うように作られているのでどんな人が使っても寝心地がいいように設計されています!

もちろん、中には合わない人もいるかもしれませんが、私が本気でおすすめできるマットレスはこの3つです。

鈴木家おすすめの高反発マットレス3選

第1位 モットン

モットンおすすめ

モットンの評価
素材:ウレタン
(4.0)
寝返り
(4.0)
腰痛・背中の痛み
(5.0)
熟睡レベル
(4.0)
種類:高反発マットレス
(5.0)
総合評価
(4.5)
モットンは自然な寝返りをサポートして腰痛を対策するために作られた高反発マットレスです。
寝ている時は長時間同じ姿勢になってしまうことが多く、お尻や腰周り、背中やかかとなどに負担がかかってしまいます。また、体が沈みすぎてしまうマットレスを使うと自然な寝返りができないため特定の部分が圧迫された状態になったり、寝違えたりしてしまいます。
そのようなことトラブルを防いでくれるのがモットンです!モットンは体全体を面で支えてくれるので、お尻や背中だけに負担がかかることを軽減して腰痛や背中の痛みを対策することが可能でした。今まで使ってきたマットレスでイチオシです!
価格  39,800円/49,800円/59,800円
サイズ  シングル/セミダブル/ダブル
返金保証  90日間交換・返金保証付き

【モットン マットレス】
公式ページを見てみる

第2位 雲のやすらぎ

雲のやすらぎおすすめ

雲のやすらぎの評価
素材:ウレタン
(4.0)
寝返り
(4.0)
腰痛・背中の痛み
(4.0)
熟睡レベル
(4.0)
種類:高反発敷布団
(5.0)
総合評価
(4.0)
雲のやすらぎは厚みが17cmあり、ふっくらした仕上がりになっている高反発敷布団です。
厚みが17cmあるので畳やフローリングに直接敷いて使うことができますし、5層で作られているので寝心地がふわっとした感じです。高反発タイプなのでもちろん腰痛や背中の痛み軽減に有効活用することができる敷布団ですが、183cm/70kgの私が寝てみた感じですと少し柔らかいかな〜と感じたので2番目のおすすめにさせてもらいました。
腰痛や背中の痛みを軽減したくて、できるだけ柔らかいタイプの敷布団がいいという方におすすめです。日本国内で丁寧に作られている点もおすすめポイントです!(163cm/48kgの妻が愛用中です!)
価格  39,800円/49,800円/59,800円
サイズ  シングル/セミダブル/ダブル
返金保証  100日間返金保証付き

【雲のやすらぎ プレミアム】
公式ページを見てみる

第3位 オクタスプリング

オクタスプリング寝ている様子

オクタスプリングの評価
素材:ウレタン
(3.5)
寝返り
(3.5)
腰痛・背中の痛み
(4.0)
熟睡レベル
(4.0)
種類:ウレタンスプリング
(4.0)
総合評価
(4.0)
オクタスプリングはウレタン素材でスプリング構造を実現させた新しいタイプのマットレスです。
硬さは高反発マットレスよりも柔らかい寝心地ですが、しっかりと反発力もあるので体を面でしっかりと支えて寝返りもサポートしてくれる優れものです。
イタリアのアルピナホテルでも採用されているマットレスで実績がありとてもおすすめできますが、厚みが7cmしかないので基本的に重ね使いする必要があります。(ベッドマットレスの上、敷布団の上などに重ねて使う)
価格はかなり安いですし耐久性もそこそこよく6年程度は安心して使うことができるので「安い・柔らかめ・腰痛対策・重ねて使う」ものを探している方に最適なマットレスです。
価格  19,800円/24,800円/29,800円(税抜き)
サイズ シングル/セミダブル/ダブル
返金保証  –

【オクタスプリング】
公式ページを見てみる

余談:マットレスの価格はどの程度がおすすめ?

マットレスの費用目安

少しお話が変わりますが、マットレスの価格帯ってどのくらいのがおすすめなの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

安いものならニトリやイケアで5,000円〜10,000円程度で売られていますし、それとは正反対にブランドものや高級メーカーのマットレスとなると30万円以上するものもあります。

私が色々体験してきた結論からおすすめさせていただくと、3万円〜5万円予算があれば腰痛・背中の痛み・体の疲れを癒す目的であれば十分良質なものが購入できます

10万円以上の高級マットレスももちろん素材は良質ですが、どちらかというと気分の高揚や他人からのイメージを良くしたい方におすすめなマットレスで、価格が高ければ高いほど良いものという訳ではないので勘違いしないように注意してください。

実際に使っておすすめではなかったマットレス【失敗体験談】

マットレスを何種類も使っていると、中にはあんまりおすすめできないな〜と思うマットレスもありました。

もちろん、マットレスは人それぞれ好みや自分の体に合ったものがあるので一概に「このマットレスは絶対にやめた方がいい」とは言えないので、私の一意見としてご参考にして頂ければと思います。

コイル式のマットレスは背中が痛くなった

コイル式マットレス

まず私が一番「失敗した」と思ったのは、コイル式のマットレスです。

コイル式のマットレスは「ボンネルコイル」や「ポケットコイル」がありますが、寝起きにとにかく背中が痛くなってしまいました。もちろん購入して最初の数日は「いい感じかな〜」と思っていたんですが、1週間程度使ってみたら朝起きると背中が痛いんですよ。

深呼吸すると背中に響く痛みというか・・・息苦しいような感じで私には合いませんでした

あと、3〜5万くらいのコイル系のマットレスは数年使っていると中のバネがヘタってきて寝心地が悪くなりますし背中にバネが当たってるような感覚がして寝づらいです。

10万円以上するような高級なコイル式マットレスならスプリングの太さや強度がしっかりしているのでもう少し長持ちするかもしれませんが、私がコイル式のマットレスを使うことは二度とないと思います。

折りたたみできる折り目のあるマットレスは姿勢が不安定

折り目のある折りたたみマットレス

多くの主婦の方から人気のある折りたたみ式のマットレスですが、私も妻が折りたためて簡単に収納できるマットレスがいいとのことだったので購入して試してみたことがあります。(折り目の溝がついているタイプのもの)

が・・・折りたたみのマットレスってだいたい3つ折りにできるタイプのものが多いのですが寝ている時の寝姿勢が安定しません。

折り目部分はやっぱり体重で圧がかかると予想以上に沈んでしまい、朝起きた時に腰痛が悪化してしまったり肩こりが悪化したりと散々な体験をしてしまいました。

朝起きて折りたたむだけで簡単に収納できるのはとても手軽なんですけど、体の疲れを癒したりできるだけ腰痛や肩こりを悪化させたくないって方にはおすすめできないマットレスです。

最近では折り目がついていなくても「モットン」や「雲のやすらぎ」のように折りたためるマットレスも販売されているのでそちらの方がおすすめです。

薄い低反発・高反発のマットレスは寝起きに腰とお尻が辛かった

5cmの薄いマットレス

薄いタイプの低反発マットレスは少し前から人気があり、一定の方が使っているマットレスでもあります。

私も人気や流行りには敏感なので実際に薄くて人気な「トゥルースリーパー」を購入して使ってみることにしたのですが、厚みが3cm程度しかないのでフローリングや畳に直接敷いて使うことは不可能ですし重ねて使っても底付き感があり物足りなさがありました。

ちなみに直で畳やフローリングに敷いてしまうとマットレスが薄いので体重に耐えきれず普通に床の上で寝ているような感覚ぐらい硬いです。

なので薄手の低反発マットレスや高反発マットレスを使うときは、ベットに敷いて使うか敷布団の上に重ねて使うかが一般的になっています。私はベットに敷いて薄い低反発マットレスを使いましたが、寝起きにお尻(尾てい骨あたり)と腰が痛いという結果に。

ものすごく痛いってわけではないんですけど、低反発系の素材ってゆっくり体重や圧をかけるとグーっと沈んでいくんですよ。多分寝ている時にお尻部分が沈みすぎて圧迫されたり、寝ている姿勢が悪くなり体が痛くなってしまったんだと思います

腰痛や肩こり、首などの痛みがあるような方は低反発のマットレスではなく厚みが10cm以上ある高反発マットレスを使うことを強くおすすめします。(体重が50kg以下で筋肉量の少ない瘦せ型の人には低反発マットレスもおすすめです)

結論:カビ・湿気も気にならない!耐久性の高い【モットン】が鈴木家の一押しです!

モットンは鈴木家のおすすめマットレス鈴木家のマットレス選びの最終結論としては「モットン」が一番おすすめできるマットレスです。
寝心地がとてもよかったですし、寝起きの背中の痛みや腰のだるさが軽減された点が一番の高評価ポイントでした。
さらに、モットンは通気性の良いウレタン素地を使っているので湿気でマットレスの下にカビが大量に生えてしまったりダニが大量発生することがまずありません
ただし・・・湿気がありえないくらい多い家庭(家が森の中とか)だとマットレスのしたが若干ジメジメするような感じになることがあるので、気になる場合にはモットンの下にすのこを敷いてからマットレスを敷くことをおすすめします!
あと、たまに干したり風通しの良いところで陰干しすることもマットレスを清潔に長期間保てるお手入れなので、月に2回程度は陰干しすることをおすすめします。

【モットン マットレス】
返金保証付きで試してみる