ストレートネックに最適な枕の選び方【今すぐできるタオル枕も紹介】

現代病といわれているストレートネック。ストレートネックは、パソコンやスマホなどの使い過ぎにより首の骨に本来ある自然なカーブが真っ直ぐになってしまう症状です。本来あるべきカーブがなくなってしまうと、首や肩に負担がかかり、肩こりや頭痛、めまいや首の痛みにつながってしまいます。

こうしたストレートネックの症状は、癖や習慣がもととなっているだけに意識して簡単に治せるものではありません。

そこで今回は、ストレートネック対策におすすめな最適な枕の選び方について詳しくご紹介し、今すぐにできるストレートネック改善タオル枕の作り方もお教えします。

スマホ・デスクワークでストレートネックが急増?

ストレートネックは、首の骨にある自然なカーブがなくなって、真っ直ぐになってしまう症状です。本来、首の骨は背骨から頭をまっすぐ支えるために緩やかなカーブを描くようになっています。

しかし、この首の緩やかなカーブが真っ直ぐに伸びてしまうと、S字を描いた背骨の延長線上に頭が来るようになるので、横から見た時に頭の位置が体に対して前に飛び出しているようになってしまいます。今度はこの飛び出した頭を体全体がバランスを取り支えようとして、どんどん猫背や下腹が前に突き出した乱れた姿勢になっていきます。

このストレートネックの症状を訴える人は年々増加傾向にあります。それは社会の変化に比例しているといっても過言ではありません。

スマホの普及に従い、常に下を向いてスマホの画面を見るようになり、首の緩やかなカーブが失われていったことが大きな要因にあげられます。またどこの企業でもインターネットやパソコンが当たり前になり、常に下を向いた状態で画面を見入る姿勢もストレートネックの要因です。

ストレートネックと枕の関係

放っておくとどんどん悪化するストレートネック。一度バランスの乱れた体は、乱れた状態の体でバランスを取ろうと働くため、どんどん姿勢が悪くなり、体のあちこちに痛みを発症するようになります。そんなストレートネックを自然な形で、ごく簡単にケアできるのが寝姿勢だといわれています。

ご存知の通り、人は1日のおよそ3分の1を寝て過ごしています。この寝ている時間は、体が疲労回復をはかったり、傷んだ個所を修復したりするとても貴重な時間です。もちろん、この寝ている時にストレートネックでダメージを受けた首も回復をはかろうと頑張っています。

しかし、寝ている時に使用している枕が体に合っていないものだと、ダメージを回復するどころか、余計に悪化させてしまうこともあります。ストレートネックの症状を寝ている間に改善させるためには、仰向けで寝ることが大切です。さすがに横向きで寝た状態では、首の自然なカーブは再現することが難しく、あまり意味がありません。

仰向け寝の状態で、首の自然なカーブを再現できる枕を使うと、体の修復能力によって自然とストレートネックのケアを行えます。ストレートネックが日々の積み重ねで起こる症状だからこそ、日々の睡眠の中でケアできる枕が重要になってくるというわけです。

ストレートネックに最適な枕の選び方

ストレートネックには枕が非常に重要ですが、どんな枕でもいいわけではありません。重要なのは自然な首のカーブが描ける枕だということです。特にストレートネックの場合は仰向け寝で寝て首の形を整えてくれる枕がポイントです。寝心地や好みだけでなく、しっかりと頭の立体構造を考えたうえで、ストレートネックに対応した枕を選ぶことが必要です。

高すぎる枕はストレートネックの症状を悪化させることがあるので、使い慣れていても避けるようにしましょう。いきなり低い枕だと眠れないという場合には、段階的に枕の高さを下げていき、徐々に低い高さの枕に慣らしていきましょう。

高さ・形・サイズ・硬さは重要

ストレートネック改善に効果が期待できる枕の高さは、体格や頭の形によって異なるものの、おおむね3㎝~4㎝の枕だとされています。それでいて尚且つ、中央部分にくぼみがあり、横になった時に肩から後頭部にかけて隙間のできない枕でなければなりません。微妙な枕の高さ調整は、タオルなどを使い行うとうまくいきやすいです。

サイズは頭を十分に包み込めるある程度大きめのものを選ぶようにしましょう。また硬すぎる枕はフィット感が低くなり、肩から後頭部にかけて隙間ができてしまいます。逆に柔らかすぎる枕は変形しやすく、首のカーブをしっかりと支え切れないものもあるので、注意しましょう。

ストレートネックにおすすめな枕の素材

ストレートネック改善におすすめな枕の素材を見てみると、高反発や低反発ウレタン枕や、ポリエステルつぶわたなどがあげられます。これらの素材はフィット感が高く、しっかりと首を支えてくれるため、おすすめだといえます。

しかし一方で、微妙な高さの調整が行いにくいため、山が大きく作られた形の枕を選んでしまうと、首を高い位置で支えることになりあまりおすすめできません。

素材と合わせて枕の形がキープされる安定した形も考慮して選ぶようにしましょう。

【今すぐできる】ストレートネック改善タオル枕の作り方

首の自然なカーブを復活させるのに、簡単にケアできる方法として注目を集めているのがタオル枕です。適度な柔らかさと、変幻自在に変えられるタオル素材の持ち味によって、簡単に首のケアを行うことが可能です。

必要なものはしっかりと体に巻けるくらいの大きさのバスタオル1枚と、作った形をキープするヘアゴム2つです。それでは作り方を見てみましょう。

  1. バスタオルを半分の大きさに折りたたむ。
  2. 袋状となっている折り目の方から、バスタオルをクルクルと巻いて棒状にする。
  3. 棒状のバスタオルの両サイドをヘアゴムでとめる。

このタオル枕を首に充てて、寝ることで簡単にストレートネックのケアが行えます。ただし、タオル枕は普段の睡眠に向いている枕ではなく、あくまでもストレートネックケア用のものです。1回10分程度の使用としましょう。

ストレートネックに枕は逆効果?いらないって本当?の真相

一部で、「ストレートネックには枕はいらない」といった口コミなどを見かけます。確かに枕なしで寝た時の方がスッキリすることもありますが、枕の本来の目的は首を支え、負担を軽減することにあります。

枕を使用せずに寝ていると首は常に宙に浮いた状態になり、負担がかかり痛みを発症してしまうことがあります。また枕のない状態で体がうまくバランスを取ろうと、首を圧迫してしまったり、骨の形が変形してしまったりすることもあります。

ストレートネックには低い枕が重要ですが、どんなに低くても最低限首を支えてくれる枕は必要です。

ストレートネックを病院で治すなら何科に行くべき?

ストレートネックは、最初こそそこまで大きな痛みなどを伴うことは少ない症状ですが、深刻な状態になると、頭痛や肩こり、首の可動に制限、めまい、ふらつき、手のしびれ、吐き気やうつ病などを引き起こすことも報告されています。

あまりにも痛みが長引くようであれば、早めに治療を行うに越したことはない症状です。ストレートネックを患ったと思ったら、まず整形外科に行き、骨の変形具合や症状の深刻さをしっかりと診てもらうことが大切です。

場合によっては骨密度の減少がストレートネックに影響を与えている場合などもあるため、きちっと医師に診てもらうことで最適な治療を行えます。