【テンピュールフトンシリーズマットレス】腰痛への評判と口コミを調査

テンピュールといえば高級で最高の寝心地が味わえるマットレスとして有名です。そのテンピュールのなかでも日本人に人気なのがテンピュールフトンシリーズマットレスです。

畳やフローリングなどに直接敷いて使用できるうえ、もちろんベッドフレームと合わせても使用できるフトンシリーズのマットレスは日本人のライフスタイルに非常にあっていて、使い勝手よくできています。しかもそれでいて無重力状態にあるような感覚で日々の眠りを支えてくれる優れものです。

今回はテンピュールフトンシリーズマットレスの腰痛への評判について口コミを通して詳しくご紹介します。

テンピュールフトンシリーズマットレスの基本情報

テンピュールフトンシリーズマットレスは、テンピュール特有のユニークな素材でできた畳でもフローリングでもベッドフレーム上でも使用することができるマットレスです。フトンシリーズにはフトンベーシック、フトンシンプル、フトンデラックス、フトンオールシーズンズの4つのラインナップがあります。

フトンベーシックは高耐久性ベースにライトテンピュール素材を合わせて作られたテンピュールの基本の形のマットレスで、テンピュール本来の良さを活かしたマットレスです。

フトンシンプルは折り畳みむことができる敷布団にもっとも近い扱いのマットレスで、天ピューレの良さを活かしつつ布団などと合わせて普段使いしやすいように作られています。

フトンデラックスは日本の和の空間、気密性の高い家、環境に合わせて開発されたマットレスで、布団のように折り畳みができ、さらにしっかりと体を支えてくれるマットレスです。

フトンオールシーズンズは日本の四季に合わせて異なる4種類の寝心地を選べるマットレスで、コンパクトに折りたためることはもちろん、両面仕様になっており1年を通して快適に寝られるように考えられたマットレスです。

テンピュール
フトンベーシック
テンピュール
フトンシンプル
テンピュール
フトンデラックス
テンピュール
フトンオールシーズンズ
サイズ シングル シングル セミダブル シングル シングル
価格 25,000円+税 38,000円+税 53,000円+税 63,000円+税 80,000円+税
厚さ  6cm   6cm  7cm  7cm
保証 2年保証    5年保証  

 

テンピュールフトンシリーズマットレスの3つの特徴

テンピュールマットレスはその唯一無二の寝心地が人気のマットレスです。そのテンピュールが手掛けるフトンシリーズのマットレスにはフトンシリーズならではの特徴とテンピュールならではの特徴があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

コンパクトに収納できる

テンピュールフトンシリーズマットレスは他のマットレスと違ってコンパクトに収納できる特徴があります。フトンベーシックは切れ目のないデザインで、クルクルと巻いて収納することができます。また巻いた状態を維持できるバンドが付いていて、専用の収納バッグもついているので広がる心配もありません。

収納時のサイズは95×62×24㎝です。フトンシンプルは3分割されており、布団などと一緒にコンパクトに折りたたむことができます。折り畳み時のサイズは95×65×18㎝です。

フトンデラックスは7つのパーツから出来ているので、布団感覚に折りたたんで使用することができます。折り畳み時のサイズは95×66×22㎝です。 フトンオールシーズンズも布団感覚で折りたたむことができ、折りたたみやすいようにベルトが付属されています。折り畳み時のサイズは95×66×24㎝です。

コンパクトに収納できるフトンシリーズは押し入れなどへすっきり収納することができ、また来客時などの寝具としても普段から場所を取らず用意しておくことができます。

NASAに認められた唯一の寝心地

テンピュールはNASAに認められた唯一のマットレスです。テンピュールはもともとNASA(米国航空宇宙局)がロケット打ち上げ時に強くかかる重力を緩和させるために開発された素材から生まれたものです。テンピュールの持つ高い体圧分散力は、宇宙飛行士の体にかかる重力の負担を軽減させ圧力を軽減させる力が応用されています。

テンピュールの科学者とエンジニアがNASAの開発した技術を活用し、研究をし続けた結果生まれたのがテンピュールのユニークな寝心地です。

現在、テンピュール素材の特許技術はテンピュール社の中でもごく一部の科学者だけが知る技術です。限られた生産施設でのみ製造され、社外施設では製造されないように徹底されています。またそのテンピュール特有の寝心地をさらに追及すべく、そして最高の品質を保証するために、日夜研究を行い継続的に試験が行われています。

マットレス一枚で使える

テンピュールフトンシリーズマットレスの最も大きな特徴ともいえるのが、マットレス一枚での使用ができるという点です。通常マットレスはベッドフレームと合わせて使用するものですが、フトンシリーズのマットレスは畳に敷いても、床に直接敷いても、もちろんベッドフレームの上でも使用することができます。

テンピュール特有の寝心地がうまく体圧を分散させ、床置きであっても寝姿勢をきれいにサポートしてくれます。「和」でも「洋」でも、どんなスタイルにもマッチするのがこのフトンシリーズの特徴です。

テンピュールフトンシリーズマットレスの腰痛への評判と口コミ

テンピュールフトンシリーズマットレスの購入を考えている人に、実際にテンピュールフトンシリーズマットレスを購入した人がどのように感じているのかを口コミを通してみていきたいと思います。

買ってよかった!

いろいろ調べて、口コミが他社の他のどのマットレスもよかったので購入しました。寝起きに腰が固まった感じが取れ、横向きになっても本当に楽で、包み込まれるような寝心地で毎晩熟睡です。素直に買ってよかったなと思っています!

絶対におすすめです!

1週間でぎっくり腰を2回、骨盤のゆがみから来るお尻や足のしびれ、痛みなどが激しく、テンピュールを購入しました。最初は薄くて満足できないかもと不安でしたが、買って大正解。ベッド用のテンピュールと遜色ないほど寝心地がよく、横向きになっても骨盤が下から押される感じもありません。寝姿勢など意識せずに布団に横になっても、朝すっきりなので大満足です。

高いだけのことはある!

家族で使用しているものが多く、すすめられて購入しました。それまでは別の有名なマットレスを使用していましたが年のせいか腰に違和感が。しかしテンピュールのフトンマットレスだとスーッと沈み込むような感覚で、体に馴染みとてもいい感じです。使用して1週間ですが腰の痛みもなくなりました。高いだけのことはありますね。もっと早くに買えばよかったです。

人によっては固すぎるということ

ほとんどの人が腰の痛みがなくなって、とてもいい寝心地だと感じているテンピュールのフトンシリーズですが、ごく少数で固すぎるという意見も見られました。体圧分散力に優れるテンピュールですが、人によっては固く感じることもあるようで、なかなか体になじまにということもあるようです。

しかし厚さが7㎝程度のフトンシリーズのマットレスですが、その厚さが薄いから固いと感じている口コミは見られませんでした。家具店やデパートなどでも取り扱われていることがあるテンピュールフトンシリーズマットレスが体に合わないかもと心配な場合は、一度その寝心地を確かめてみることをおすすめします。

テンピュールフトンシリーズマットレスのQ&A

寝心地抜群のテンピュール布団シリーズですが、それでもまだテンピュールについての疑問があるという人のために、テンピュールに寄せられるよくある質問をご紹介していきたいと思います。

購入したテンピュールフトンマットレスが店頭で試した時よりも固く感じるのはなぜ?

テンピュールのマットレスはオープンセル構造といわれる細胞の一つ一つに無数の穴が開いている構造になっています。

この穴から空気が出入りすることでテンピュール特有の寝心地が生まれるものですが、新品の場合その穴の周りに薄い膜のようなものがいくらか残っていることがあり、その膜があることで空気が出入りしづらくなってしまいます。空気の出入りがしづらいと素材が沈み込むのに時間がかかり、硬く感じられてしまうことがあります。

店頭に置いてある商品は使用頻度が高いため、その分素材本来の柔軟性を感じやすくなっています。ご購入いただいた商品も使用と共に薄い膜がはがれていき、穴が完全に開くためお客様の体にフィットする柔軟性が出てくるようになります。

通気性はどうなの?

テンピュールフトンシリーズのマットレスはベッドフレーム用のマットレスよりも通気性が良い構造となっています。それは畳や床への直置きを想定して開発されているからです。

しかしそれでも湿度の高いお部屋に置いたり、多量の汗や水分をマットレスが吸収したまま放置して置いたりするとカビが発生する原因になってしまいます。定期的に陰干しを行い、マットレスをお手入れすることでカビの発生は防げます。

床暖房が入っていても使えますか?

テンピュールフトンシリーズマットレスで床暖房や電気毛布を使用しても問題ありません。

しかしあまりにも高温で長時間使用した場合、テンピュール本来の体圧分散力を実感いただけなくなってしまうことがあるかもしれません。またテンピュール素材は体圧分散力が高いため、血行促進効果が高く、床暖房や電気毛布を使用していると必要以上に熱く感じてしまうことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です