折りたたみ(三つ折り)マットレスおすすめ5選!メリット・デメリットも解説

私は折りたたみマットレスで2回も失敗しました。

折りたたみマットレスは選び方を失敗して後悔する人が多いのですが、選び方を失敗しなければ『収納性と快適な寝心地』の両方が手に入る優れものでもあります。

この記事では、失敗しない折りたたみマットレスの選び方や注意点をご紹介しながら、私が厳選した折りたたみマットレス比較ランキングをご紹介しています。

今すぐランキングを見る
今すぐ比較表一覧を見る

鈴木

まずは折りたたみマットレスを使って感じたメリット・デメリットからご紹介していきます!

折りたたみマットレスのメリット

折りたたみマットレスメリット
折りたたみマットレス最大のメリットは折り目が付いているので敷布団よりも簡単に折り畳みやすい点ですが、折り畳みしやすい以外にも実はこのようなメリットがあります。

コンパクトに収納可能

コンパクトに折りたためるマットレス
折りたたみマットレスはコンパクトに収納することができます。

一般的なマットレスは折りたたむことができず、床の上やベッドフレームの上に年中広げて置く必要があるため部屋の一部が有効活用できない空間になってしまいます。

しかし、折りたたみマットレスであればコンパクトに畳んでクローゼットに収納できるため、狭い部屋に無駄なスペースを作ることなく有効活用することが可能です。

鈴木

折りたたみマットレスはコンパクトに収納しておくことができるので、来客用としても人気があるマットレスです!

ソファーとして
利用できるものもある

ソファーになるマットレス
最近の折りたたみマットレスは、1つで2役、3役になる機能性マットレスが増えています。

折りたためることでマットレスが寝具だけでなく、ソファーやカウチとしても使えるため、一人暮らしの人や部屋が狭い人からとても人気があります。

私もワンルームでの一人暮らし時代にソファーになる折りたたみマットレスを使っていましたが、畳むだけでベッドを隠すことができ、さらに寝る時以外はソファーにできるので部屋をスッキリ有効活用することができていました。

キャンプや車中泊にも使える

最近では折りたたみマットレスをキャンプのテントマットレスとして使う人も増えています。

折りたたんで持ち運びがしやすく、洗えるタイプもあるので実は外に持ち運んで使うのにピッタリなアイテムなんです!

キャンプにマットレスを持っていけると、アウトドアの開放感の中で寝心地だけがぐんとアップするので、とても快適に心地よくキャンプを楽しめます。

また折りたたんで持ち運びができるため、車中泊に三つ折りマットレスを使う人も急増しているほど人気なマットレスです。

中材をローテーションできるから
へたりに強く寿命も長め

三つ折りマットレスの中材をローテーションしているイメージ画像
三つ折りマットレスは頭部分・腰部分・足部分と中材が分かれて入っているためマットレスカバーを取り外せるタイプであれば、中材をローテーションさせて使うことができます。

どんなマットレスでも腰〜お尻部分が一番ヘタリやすく、ヘタリが現れたら買い換える必要がありますが、三つ折りマットレスの場合には足部分の中材を腰部分に、腰部分にあった中材を足部分にといった感じで入れ替えできるので長く快適に使うことができます。

そのため寿命も比較的長く、上記画像の「エムリリー優反発マットレス8cm三つ折り」であれば5年~6年前後は安心して使うことができる耐久性があります。

コスパが良く
お手入れがしやすい

折りたたみマットレスは1枚ものの本格派マットレスよりも1万円前後安く販売されていることが多いため安く購入することができます。

また、折りたたみマットレスはウレタン素材なのでカビや湿気を対策するために1週間に1回ほど乾燥させるお手入れが必要ですが、

三つ折りマットレスであれば、上から見た時に『Z』になるように置くことでマットレスのみで自立させることができるため、簡単にお手入れすることができます。

折りたたみマットレスのデメリット

折りたたみマットレスデメリット
折りたたみマットレスは選び方を失敗するとデメリットだらけになる可能性もあります。

厚みが薄く柔らかいものは
腰・背中の底付き感に注意

底つき感があるマットレス
折りたたみマットレスは、厚みが薄いタイプや素材の耐久性が弱いタイプもあります。そのような折りたたみマットレスを買ってしまうと、底付き感(床の硬さ)を感じてしまうことがあります。

便利だからといって、スポンジのようなスカスカのウレタンを使っている安価で質の悪いマットレスを選ぶと快適な睡眠を得ることができません。

体の凹凸をしっかりと補ってくれる厚み(5cm~11cm)の折りたたみマットレスでウレタン密度が30D以上のものを選ぶことで、長く快適に使うことができます。

折りたたみ部分に体が沈みやすい

折りたたみ部分
折りたたみマットレスの唯一の弱点ともいえるのが、畳む位置の強度の弱さです。

どんなに質の良いマットレスでも、どんなに優れたマットレスでも、畳む位置は芯材が途絶えてしまっているため、体の沈みや隙間を感じやすくなります。

折りたたみマットレスは選び方がとても重要で、密度が高く反発力が強い素材のマットレスを選んだ方が折り目を感じることなく快適に睡眠することができます。


折りたたみマットレスの
失敗しない選び方

  1. 折り目は三つ折りがおすすめ
  2. 厚みは5~11cm程がおすすめ
  3. 素材は高反発かファイバー
  4. 低反発・コイル系はNG

この4つを抑えれば三つ折りマットレスでも快適な睡眠環境を整えられます。

ポイントは4つ!

折りたたみマットレスを選ぶ際に重要な4つのポイントを1つずつ解説していくので参考にしてください。

【ポイント1】
折り目の種類は三つ折りがおすすめ

折りたたみマットレスは下記のように折り目の数で種類が分けられています。


  • 二つ折り
  • 三つ折り
  • 四つ折り
  • 五つ折り

五つ折りのようにたくさん折りたためた方がコンパクトに収納できると考えがちですが、三つ折りマットレス以外は選択肢に入れるべきではありません。

その理由は、二つ折りの場合には折り目がちょうど腰やお尻のあたりにきてしまい睡眠姿勢のバランスを崩してしまう可能性があります。

そして四つ折りや五つ折りの場合には折り目になる部分が多すぎて睡眠姿勢がバランスよく保てない可能性があることはもちろん、耐久性強度に関しても疑問が残るためおすすめとは言えません。

三つ折りマットレスであれば腰やお尻部分に折り目がきてしまうことはありませんし、必要最低限の折り目の数なので耐久性はもちろん、コンパクトに収納もできて快適に睡眠することができると3拍子そろっています。

【ポイント2】
折りたたみマットレスの厚みは
5~11cm程度がおすすめ

折りたたみマットレスの厚み
折りたたみマットレス1枚で快適な睡眠環境を整えたい場合には8cm~10cmほど厚みがあるものを選び、敷布団やベッドマットレスに重ねて使う場合には5cmほどの厚みのものを選びましょう。

8cm~10cm厚みがあれば折りたたみマットレスの特徴である収納性や持ち運びの利便性を活かしながら、仰向け・横向きで寝ても快適な睡眠を得られる厚みです。(重ねて使う場合には5cmあれば十分)

注意点
5cm以下の折りたたみマットレスは買わないことをおすすめします。
厚みが5cm以下では底付き感を感じますし、厚みの薄い折りたたみマットレスは耐久性が弱く、1年~3年前後でお尻・背中部分がヘタってしまい寝心地が悪くなります。
それとは逆に厚みが20cmを超えるようなものを選んでしまうと、折りたたみマットレスの良さである収納性が損なわれます。

1枚で使う場合には8㎝以上の厚みがあれば、正しい睡眠姿勢をキープできると覚えておきましょう。体が大きな人(体重が80kg以上ある人)は10cm前後の厚みがおすすめです。

【ポイント3】
折りたたみマットレスは
高反発素材がおすすめ

高反発とファイバー素材の折りたたみマットレス
折りたたみマットレスは一般的なマットレスよりも厚みが薄く、折り目部分がヘタリやすいため耐久性の高い素材を選ぶ必要があります。

耐久性を考慮すると折りたたみマットレスの素材は、高反発ウレタンか高反発ファイバーがおすすめです。

高反発ウレタンは厚みが10cm前後でもしっかり体を支えることが可能ですし、折りたたんで収納しやすい厚みなので折りたたみマットレス1枚だけで寝たい人におすすめな素材です。

そして高反発ファイバーは通気性が非常によく、マットレスカバーを外して中身の素材をシャワーで丸洗いできる素材なので今使っている敷布団に重ねて使いたい人におすすめできる素材です。

【ポイント4】
低反発やスプリングコイルの
三つ折りマットレスはNG

スプリングタイプの折りたたみマットレス

低反発やスプリングコイル(ポケットコイルボンネルコイル)の折りたたみマットレスはデメリットが多いためおすすめできません。

低反発の折りたたみマットレスのデメリットはヘタリが早く、寝ている部分が凹みやすい点と湿気が溜まりやすくカビが生えやすいので小まめなお手入れが必要な点です。※実体験です

また、スプリングコイルのマットレス(ポケットコイルやボンネルコイル)は重量が重すぎますし、折りたたんでもコンパクトにならないため、収納性が悪く持ち運びも困難なのでおすすめできません。

鈴木

低反発マットレスやポケットコイル、ボンネルコイルを選ぶ場合は、折りたたみではない一般的なマットレスがおすすめです。

折りたたみ(三つ折り)マットレス
おすすめランキング

ランキングロゴ
折りたたみマットレスは種類も多く、先ほど紹介したポイントを踏まえて選ぼうと店舗に足を運んでも、店員さんが付いてきたりアドバイスされたりと落ち着いて寝心地の違いを体験することが難しく悩んでしまいがちです。

そこで三つ折りの折りたたみマットレスで私が厳選した本当におすすめできる人気商品をランキング形式でご紹介します。

第1位【エムリリー】
優反発シリーズ8cm

エムリリー優反発シリーズ8cm
サッカー超有名クラブチーム、マンチェスター・ユナイテッドの公式寝具パートナーとして知られているエムリリー優反発マットレスが私の一押しです。

優反発マットレスは、独自開発の優反発フォームと高反発オープンセルの特殊二重構造なので、寝心地は体にフィットする感じで程よく柔らかいのですが、寝返りがとてもスムーズなほどの反発力もあります。

私はエムリリー優反発の11cmタイプを愛用中

エムリリー公式サイトへ

理想的な睡眠姿勢をキープしてくれる構造で、どんな体型の人やどんな姿勢で寝る人でも満足できる寝心地に仕上がっています。

つまり、程よく柔らかい寝心地で快適な上に、体が沈みすぎず寝返りがスムーズなため理想的な睡眠姿勢をキープでき、折りたたんで収納もできる他のマットレスでは実現できないところを全てカバーできている完璧な1枚です。

サイズ 価格
(税込)
備考
セミシングル
80×195×8cm
24,818円 1枚で使用可
シングル
97×195×8cm
26,978円
セミダブル
120×195×8cm
33,458円
ダブル
140×195×8cm
39,938円

エムリリー公式サイトへ

エムリリー体験談を見る

第2位【マニフレックス】
メッシュウィング11cm

マニフレックスメッシュウィング

力士たちが愛用していることで知られているのがマニフレックスメッシュウィング。ドイツの厳しい工業規格の認定を受けたマニフレックスの芯材は密度が高くへたりにくいのが特徴です。

それゆえに品質保証期間も10年と長く設けられています。

支える力はもちろん、オープンセル構造を採用しているマニフレックスのマットレスは湿気などの影響を受けにくく、夏は涼しく、冬は暖かくと年間を通して快適に利用することができます。

体型を選ばずどんな人の体にもフィットし、高い満足度を得られるマットレスです。

サイズ 価格
(税込)
備考
セミシングル
80×198×11㎝
30,888円 1枚で使用可
シングル
97×198×11㎝
33,858円
シングルロング
97×210×11㎝
43,243円
セミダブル
120×198×11㎝
46,332円
ダブル
140×198×11㎝
54,450円
クイーン
157×198×11㎝
71,280円

マニフレックス正規通販サイト

第3位【エムリリー】
エコヘルスシリーズ9cm

エムリリーエコヘルスシリーズ三つ折りマットレス9cm
エムリリーのエコヘルスシリーズは上部に低反発素材、下部に高反発素材を使っている2層構造の折りたたみマットレスです。

低反発の柔らかい寝心地で睡眠することが可能ですが、下部に高反発素材が入っているので体が沈み込みすぎず、スムーズな寝返りが可能です。

また、低反発素材だけのマットレスは耐久性に不安が残りますが、エムリリーエコヘルスシリーズは低反発と高反発の2層構造で耐久性しっかりしているのでヘタってしまう心配もありません。

第1位で紹介したエムリリー優反発マットレスよりも少し柔らかい寝心地なので、柔らかい寝心地でなおかつできるだけヘタリに強く長く使える折りたたみマットレスが欲しいと思っている人におすすめできます。

厚みも9cmとしっかりしているので、5年前後はしっかり愛用できるマットレスです。

サイズ 価格
(税込)
備考
セミシングル
80×195×8㎝
24,818円 1枚で使用可能
シングル
97×195×8㎝
26,978円
セミダブル
120×195×8㎝
33,458円
ダブル
140×195×8㎝
39,938円

エムリリー公式サイトへ

第4位【RISE】
スリープオアシス
高反発ファイバーマットレス5cm

RISEスリープオアシス

高橋尚子さんや桑田真澄さんなど多くのアスリートが愛用していることで知られているRISEスリープオアシス高反発ファイバーマットレスもおすすめです。

特徴は体圧分散に優れた3次元構造の高反発ファイバーで、高い反発力が理想的な寝姿勢を保ち、寝返りをスムーズにサポートしてくれるので熟睡することが可能です。

中身の素材の高反発ファイバーは復元性と通気性に優れていながら、自宅のお風呂場でシャワーで水洗いすることができるのでとても衛生的です。

耐久性、使用感、衛生面どれをとっても申し分のないマットレスです。

少し厚みが薄いと感じる人もいると思うので、第4位にしました。

サイズ 価格
(税込)
備考
シングル
100×200×5㎝
32,389円 重ね使いがおすすめ
セミダブル
120×200×5㎝
37,789円
ダブル
140×200×5㎝
43,189円

RISE(ライズ)公式サイト

第5位【ニトリ】
ソファになるマットレス

ニトリソファになるマットレス画像出典:ニトリネット

折りたたみができるマットレスでソファになるタイプのものは、ベッドフレームとセットになっているものが多いですが、ニトリのソファになるマットレスはマットレス単体でソファとしてもカウチとしても使うことができる優れものです。

折りたたむとコンパクトになり、収納に便利ですが、折りたたみ方を変えることでソファとして、カウチとして部屋の中にさりげなく隠す(収納)することができます。

それでいて、マットレスとしての評価も高く、お値段以上に重宝するアイテムです。ワンルームや一人暮らしの人、部屋の狭い人におすすめです。

サイズ 価格
(税込)
備考
シングル
97×197×11㎝
9,990円 一人暮らしにおすすめ
セミダブル
120×197×11㎝
12,900円
ダブル
140×197×11㎝
14,900円

ニトリ公式通販【ニトリネット】

折りたたみ(三つ折り)できる
人気マットレスを比較

上記で紹介した5種類の人気折りたたみマットレスを比較して、厚み、価格、サイズ、硬さで優れているもの順に見てみましょう。

順位 第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品画像 エムリリー優反発三つ折りマットレス マニフレックスのメッシュウィング エムリリーエコヘルス三つ折り9cmマットレス ライズのスリープオアシス高反発ファイバーマットレス ニトリのソファになる折りたたみマットレス出典:ニトリネット
商品名 エムリリー
優反発
マニフレックス
メッシュウィング
エムリリー
エコヘルス
RISEスリープオアシス
高反発ファイバー
ニトリ
ソファマットレス
特徴 ・モッチリした寝心地
・程よい反発力
・寝返りスムーズ
・高反発
・厚み◎大柄な人◎
・寝返りスムーズ
・低反発
・体が沈みすぎない
・優しい寝心地
・通気性◎カビ/ダニに強い
・洗えるから衛生的
・厚みが少し薄い
・ソファに早変わり
・狭い一人暮らしに◎
・安くてコスパ良し
厚み 8cm 11cm 9cm 5cm 11cm
硬さ 柔○○○○○○硬 柔○○○○○○硬
柔○○○○○○硬 柔○○○○○○硬 柔○○○○○○硬
サイズ 4種類 6種類
4種類 3種類 3種類
価格
(税込)
24,818円~
39,938円
30,888円~
71,280円
24,818円~
39,938円
32,389円~
43,189円
9,990円~
14,900円
お手入れ 陰干し 陰干し 陰干し 丸洗い/陰干し 陰干し
購入 公式サイト
楽天
Amazon
Yahoo!
公式サイト
楽天
Amazon
Yahoo!
公式サイト
楽天
Amazon
Yahoo!
公式サイト
楽天
Amazon
Yahoo!
公式サイト
楽天
Amazon(なし)
Yahoo!

ランキングに戻る

折りたたみマットレスQ&A


折りたたみマットレスは腰痛におすすめできない?

強くはおすすめしませんが、問題ありません。

折りたたみマットレスも、芯材の優れたマットレスを選べば、腰痛持ちでも快適な睡眠サポートが可能です。

折りたたみマットレスは腰痛によくないと言われることがありますが、この記事で紹介している1位・2位・3位の商品であれば自信を持って問題ないとおすすめすることができます。

折りたたみマットレスだからというのではなく、結局は素材と厚みが重要ということです。

サポート力のある厚みで体の凹凸をしっかりカバーでき、スムーズな寝返りが可能な反発力があれば、折りたためるかどうかはあまり関係ありません。

腰痛に特化したマットレスが欲しい人は下記ページを参考にしてみてください。

鈴木家のマットレス – 腰痛マットレスおすすめ&口コミ体験談

ちなみにですが、腰痛を考慮したおすすめマットレスで一番おすすめできる商品は「モットン マットレス」です。


折りたたみマットレスの使い方(敷き方)は?

ベッドフレーム・すのこの上に敷いて使うことをおすすめします。

ベッドフレーム、もしくは「すのこ」の上に敷いて使うことで通気性を保ち、湿気やカビ、ダニ対策をすることが可能です。

フローリングや畳に直接敷いて使っても機能的には問題ありませんが、湿気がこもりやすくカビが生えやすくなります。

どうしてもフローリングや畳に直接敷いて使いたい場合には、マットレスと床や畳の間に除湿シートを敷いてから使うことをおすすめします。
すのこベッドのおすすめ 【すのこベッドのおすすめ13選】折りたたみ・おしゃれなタイプも掲載


折りたたみマットレス
【まとめ】
  1. 選び方がとても重要
  2. 収納性がよく持ち運び可能
  3. 狭い部屋を有効活用できる
  4. 折りたたみでも快眠可能
  5. ミニマリストにも人気
  6. 引っ越しや来客時にも便利

何か不明点や悩み事があればコメント欄からご相談してください。24時間以内にご返信します^^

コメント
待ってます!

ランキングに戻る

   

11 件のコメント

アバター 腰痛持ちのぴぃちゃん

鈴木家の腰痛マットレス様

こんにちは
マットレスの買い換えをしたいと、 調べている中参考に読ませていただいてます
ポケットコイルも検討していましたが、和室なので場所をとらない3つ折りにしようと思ってます
エコラテエリートの3つ折りはどんな感じでしょうか?
予算的には合うのですが…

返信する
【管理人】鈴木 【管理人】鈴木

腰痛持ちのぴぃちゃんさん コメントありがとうございます!
返信が遅れてしまい申し訳ございません。

私はエコラテエリートを実際に使ったことがないのですが、品質(使われている素材)はとても良いのでおすすめできるマットレスだと思います!

今現在は在庫切れで2020年6月2日まで入荷されないようですが、私もエコラテエリートは前々から気になっていましたので、入荷されたら購入して体験してみたいと思います。

6月中旬〜6月末頃に「エコラテエリート」のページで体験談をご紹介したいと思いますので、まだ購入していませんでしたらご参考にしてみてください!

その他ご質問やご相談ありましたらお気軽にコメントください^^

返信する
アバター 腰痛持ちのぴぃちゃん

返信ありがとうございます

エムリリーの折りたたみも候補でしたが、5万円以下のマットレスの記事を読ませてもらい、エコラテエリートのマットレスを知り、
エコラテエリートの折りたたみを購入することにしました
セミダブルだと2万円弱で、在庫切れで6月22日入荷でした
予約特典で除湿シートも付きます

鈴木さまの記事に出会い、予算的にも腰痛持ちの私に合いそうなマットレスを購入出来そうです
ありがとうございました!

返信する
【管理人】鈴木 【管理人】鈴木

腰痛持ちのぴぃちゃんさん コメントありがとうございます!

エコラテエリートは少し硬めの作りなので腰痛にも最適ですし、品質も良いのできっと快適な睡眠を得られると思います!

また、エコラテエリート販売元の株式会社篠原化学様が運営している「快眠タイムズ」にてエコラテエリートの開発への思いや品質などがご紹介されていますので参考にしてみてください。
エコラテエリートのご紹介 | 快眠タイムズ

そして、

鈴木さまの記事に出会い、予算的にも腰痛持ちの私に合いそうなマットレスを購入出来そうです
ありがとうございました!

こちら、とても嬉しいお言葉ありがとうございます!少しでもお役に立てたようで本当に嬉しいです^^

腰痛持ちのぴぃちゃんさんの腰痛が少しでも良くなることを願っております。

また何がご相談などありましたらお気軽にコメントください^^

返信する
アバター まーこ

鈴木の腰痛マットレス様

こんにちは
エムリリーの三つ折りマットレスのセミダブル購入希望です。
現在、ワンルームマンションで寝るとき以外は隅に片付けておきたいのですが、重さなどはどのくらいでしょうか。
女性1人でも片付けたり陰干しなどの移動が可能か教えてください。

返信する
【管理人】鈴木 【管理人】鈴木

まーこさん コメントありがとうございます!

エムリリー三つ折りマットレスのセミダブルは重さ約8kgなので、女性でも1人で片付けたり陰干しすることは可能です!

重さのイメージとしては2Lのお水4本分くらいの重さです。

少しだけ重いと感じる可能性もありますが、折りたためるので持ちやすく女性にもおすすめできます!

そのほか、ご質問ありましたらお気軽にコメントください^^

返信する
アバター まーこ

ご返信ありがとうございました。
先日、ホームセンターでテンピュールのマットレスの沈み加減が気持ちよく、テンピュールの三つ折りマットレスを購入しようかと検討していたところでこちらのサイトを見つけて迷っているところです。
テンピュールの三つ折りマットレスは体感してはいないのですが、エムリリーとの比較はいかがでしょうか??

返信する
【管理人】鈴木 【管理人】鈴木

まーこさん 質問ありがとうございます!

テンピュールは低反発素材なのでジワーッと優しく沈む感じで体にフィットする寝心地が特徴ですが、エムリリーの場合はモチっと体が沈む感じでフィット感があり反発力があるイメージです。

寝心地は好みが分かれますが、テンピュールは反発力がないので寝返りサポートするよりも寝るポジションを安定させることが強みで、エムリリーは反発力があるのである程度寝るポジションを安定させつつ寝返りがしやすいようにサポートしてくれる点が強みです。

エムリリーはあまり店舗で取り扱っていないので、購入前に体験するということが難しいということもあり…購入してから寝心地が好みと違うとなると悲しいと思うので、絶対に失敗したくない!!!という場合には一度体験したことのあるテンピュールを購入するのもありだと思います!

テンピュールも人気がありますし、品質も高いので寝心地が気に入っているのであればおすすめですよ^^

そのほか、ご質問ありましたらお気軽にコメントしてください!

返信する
アバター まーこ

とても分かりやすい説明をありがとうございました!!
コメントをもとに検討していこうと思います!!

アバター 伊藤

鈴木家の腰痛マットレス様

はじめまして。ご質問させてください。

モットンは三つ折りに折りたためる(付属バンドを使えば)とこちら→https://suzuki-mattress.jp/motton/でみたのですが、このページでおすすめしていない理由はありますか?

モットンかエムリリー検討していますがアドバイスいただきたいです。

返信する
【管理人】鈴木 【管理人】鈴木

伊藤さん コメントありがとうございます!

モットン」を折りたたみマットレスおすすめランキングでご紹介していない理由は、三つ折り専門のマットレスと違い「折り目」がないので付属バンドをで固定しなければいけないという手間があるからです。

モットンは付属のバンドを使えばしっかり三つ折りにすることができますし、全体的に評価しておすすめできるマットレスではありますが、三つ折りに特化しているマットレスではないのでそこを考慮してこのページではランキング外としました。

モットンとエムリリーでお悩みとのことですが、どちらもおすすめできるマットレスなので最後は寝心地の好みで決めるといいと思いますよ!

モットンは少し硬めの寝心地でエムリリーはモチっと少し柔らかい寝心地です。

モットンとエムリリーを比較した「モットンとエムリリーを比較」のページもご参考にしてみてください!

その他、ご質問などあればお気軽にコメントください^^

返信する

伊藤 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されません。ニックネームは公開されます。* の項目は必須項目となります。


管理人「鈴木」が24時間以内に返信するのでお気軽にご意見やご質問ください^^